FC2ブログ

贅沢な悩みなのかなぁ

土曜日の夜、父の中だけで
熱い戦いが行われておりました。

香川ファイブアローズが
ホームに西宮を迎えた
2連戦の初戦。

新聞等で既にご存じかもしれ
ませんが土曜日の試合は
結果を見た瞬間、
携帯を持つ手が震えました。

携帯ではラスト3分から
まーーたく更新されず、
同点のまま。

皆様のTwitterやFacebook
によると勝ち試合と負け試合が
交互にやって来る超シーソー
ゲームであることを知りました。

残り2秒での逆転劇に
観に行かれた皆様の興奮が
伝わってきました。

話は変わって日曜日。
雨予報に、カマタマではなく
ファイブアローズという選択肢
もあるなぁと頭をよぎった父。

でも不思議です。

気がつけば丸亀への道を走って
いるのです。

本当はどっちも見たかった・・・。
まあ、贅沢な悩みなのでしょうか?

この小さな香川県にBリーグも
Jリーグも、独立リーグも
アイスホッケーもあるのだから。

でもなぁ。
カマタマ応援して、
ファイブアローズも応援して
ガイナーズだって応援して
みたいなぁ。一日でこんなん
出来たらいいなぁ。

カマタマとファイブアローズの
連戦やカマタマとガイナーズの連戦は
したことがあるのです。この3つを
ハシゴしてみたいなぁ。


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

これが若さなのか?

かなり激しい雨が
降っていました。
試合開始時に
オーロラビションのゴール側を
取れなかったのを、
後悔するくらいの風雨でした。

逆に秋田は激しい風雨を
追い風にロングボールを
讃岐陣内めがけ
蹴り込んでいるようでした。

20分過ぎ
雨が弱まったのを
確認するように今度は
繋ぎ始める秋田。
間瀬マジックを痛感する
シーンでした。

が、

ゴールは、
その秋田ではなく
讃岐に生まれます。

試合開始直後からボールを
追いかけ回していた
讃岐前線FW陣。
あの瞬間も林選手が
相手GKにプレッシャーを
かけた直後、秋田GK、
松本選手のクリアが
小さくなった。

すかさずボールを
奪いに行く讃岐。場所は
秋田ペナルティエリア
少し外付近。
ラストパスの先にいたのが
讃岐の中村選手。

迷わずシュートに行く
中村選手。放たれたボールが
ふわっと浮き上がり
ゴールに吸い込まれて
行くのを観た。

雨が止んだピカスタに
ゴールという名の虹がかかる!

53分、ゴールを決めた
中村選手に替わって
投入されたのが渡辺選手。

その渡辺選手が
見せ場を創る。カウンターから
ボールを収めると
前が大きく開いているように
見えた。

開いたスペース、
というか
ど真ん中を突破しにかかる
渡辺選手。たまらず秋田
小谷選手が倒してしまう。

父の目には得点阻止に
見えた。
レッドカードを提示する
松本主審。

・・・。これで、ちょっと
楽になるのか?
まだ57分。さらなる得点を
狙う讃岐イレブンに対して
昨年までの負け癖が
抜けない讃岐サポの父。

実はスタジアム到着後、
スタメンを確認して
驚いておりました。
だって昨年までの
ベテラン中心の
メンバー構成ではなく
若手中心のメンバーが
スタメンにズラリ。

父の想像ですが昨年までなら
あのゴールシーンだって
ゴールに繋がらなかったように
思うのです。

何故なら昨年までは、
もっと綺麗に相手を
崩そうとしているように
見えたからです。
結果とんでもない
ゴラッソもあるかわりに
ゴールに繋がるシーン、
そのものが少ないと
感じていました。
当然、カテゴリーが
違うのだって影響して
いるのかもしれません。

ただそれ以上に
”これが若さなのか!?”
そう強く感じました。

昨年までは
おそらく見なかった、
いや見ることが出来なかった
ゴールは、ドロくさく、前から
ボールを追いかけ、
どこからでもゴールを狙う
気持ちが連動した
ゴールでした。

勿論ゴールした中村選手は
今日のヒーローであることに
疑う余地はありません。

しかし、父的には
池谷選手の走力と、
そしてなにより、ボールを
追いかけ回し、前戦で身体を
張り続けた林選手の気持ち
が中村選手のシュートに
乗っかり、なお且つ強
い風だって気にせず、
ただただ、ゴールを狙った
結果、奪ったゴールに
観えました。

太郎が帰りの車の中で
言っております。
「林が、途中から大迫に
見えて来た。」と。

いずれにしても若き力で
勝ち取った勝ち点3。
見事に間瀬マジックを
攻略した讃岐、
次節アウェイで熊本との対戦。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

間瀬マジックを攻略せよ

「イチオシ選手は
間瀬監督です。」
2017シーズン、
愛媛との北四国決戦
場所はピカスタ、
カマタマ広場。

木山監督が去り、
それにつられる様に
多くの選手が移籍した
2017シーズンの愛媛FC。

今年こそは
愛媛に勝つチャンスと
意気込んでいた父。
たまたま席をご一緒させて
いただいた愛媛サポ様から
聞いたのが冒頭の言葉です。

この愛媛サポ様。
今治から来られたそうで、
父が「地元今治FCではなく
愛媛FCを応援するのは何故?」
と聞いたのが始まりでした。

愛媛FCのイベントに
会社をあげて
参加したのがきっかけで
愛媛FCの魅力に取り込まれた
という、このサポ様。
最初は上司も同僚も
社員全員愛媛サポだったのに、
気付けば周りのほとんどが
今治FCを応援している状態。

プレーオフに進出した際には少し
盛り上がったらしいのですが
その後は岡ちゃん人気に
かき消される有様。
木山監督が去ってからは
尚一層地元今治人気が
高くなる一方でサポ様曰く
「最高の監督(間瀬監督)が
私達の愛媛県にやって来た。」
とまで言っていました。

「間瀬監督の何がそんなにいいん
ですか?」と聞いた父。

「人柄とか、私達への接し方とか
とにかく人間が素晴らしいんです。」
と愛媛サポ様。

前年J3秋田を上位に押し上げた
実績をかわれ2017シーズンから
愛媛FCの指揮を執った間瀬監督。
あの年GKの児玉選手をはじめ
多くの選手達が愛媛から離れて
行きました。

その窮地を救うためにやって来た
間瀬監督。愛媛サポをして
「私はサッカーのことは
詳く解りませんが木山監督に
勝るとも劣らない良い人。」
なのだそうです。

愛媛を去ってすぐ秋田に
戻ったのも運命なのかも
しれません。

そんな良い人、間瀬監督の
攻略なくして週末の勝利は
あり得ません。

父の記憶が確かなら
綱田選手のCKから
ヨンジ選手の劇的同点ゴール
が生まれたのがあの一戦、
2017年丸亀での愛媛戦
でした。

結果は劇的同点ゴールでしたが
試合内容は先制点後から完全に
間瀬マジックにハマっていた
ように記憶しています。

そんな間瀬監督と共に古田選手
という讃岐にとってはこれまた
攻略しなければならない強敵が
秋田にはいます。

それでも、勝つのは俺達です!

開幕戦は獲りました。
スタートダッシュを決めるなら
絶対に獲らなくてはならない
一戦をホームで迎えます。

みんなで攻略しましょう。
間瀬マジックを。

見せつけましょう。
古田選手に讃岐の成長を!

そして勝つのは俺達だ!

週末日曜日、
丸亀は秋田戦!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

やったぜ白星発進

以前から何度も書いて
いました。

プロならば勝利を要求
されるのは当然だと。

お世辞にも天候に恵まれた
とは言えないコンディションの
中、最後苦しい時間を凌ぎきって
勝ちきりました。

コンディションが良ければもっと
素晴らしいサッカーになったのかなぁ
とか思いながら観ました。

それでも勝ちきったことが素晴らし
かったです。

カマタマが一戦必勝を目指すように
父もこれからは勝敗に一喜一憂して
みようかと・・・。

まあ、そんな話はおいといて
得点のシーンは27分。
なんかJ2時代にはいつも相手に
やられていたようなシーンを
カマタマがやり返したような
ロングシュートがグルージャの
ネットを揺らすものでした。

リプレーで確認すると、しっかり
相手キーパーの位置を見ながら
狙っているようにも見えるくらいの
福家選手のナイス判断の
ナイスゴールでした。

さて、一番大事な開幕戦を
見事に獲りました。

もちろん、天候等のせいかも
しれませんが、まだまだ完璧で
はないようなシーンも見受けられ
ました。

攻撃も相手のほうが、うまく
組み立てられているように
感じる時間がありました。

今日の試合が完全、完成版なのかも
しれないし、まだまだこれから
完成していくのかもしれません。

父的にはまだまだ、これからだ
と考えています。

だってそうでしょ?

今日の一戦みながら
高木選手がいればどうなったの!?
とか
あのシュートはシーズンが進むに
つれて入るようになるよ!
とか感じませんでした?

とにもかくにも、昨年までは
相手にやられるようなシュートを
叩き込んで最後は讃岐タイムも
創りつつ白星発進、
開幕戦を獲りました。

このまま
ロケットスタートをきる!

JFL時代からJ2時代も続く
開幕戦を獲れば波に乗る讃岐。
J3シーズンの
はじまりは勝ち点3!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

明日開幕、2019年讃岐の初陣

過去にJ3に降格したクラブを
みれば、J3が本当に厳しい
リーグであることは容易に想像が
つきます。

その証拠に最大のライバルと書いた
長野ですら未だに昇格していません。

さらにJ2時代苦手としていた
北九州、群馬もいます。

さらに、さらに
JFL時代
藤枝戦では西野泰正選手が
秋田戦ではアンドレア選手が退場
処分となるなど、数え上げれば
キリが無いほどネガティブ要素
満載だったりします。

しかし、それもこれも
明日、まずは明日の開幕戦で
概ねが見えてくるのかも
しれません。

まずは、

“俺達はやれる!”

この自信を開幕戦で得たい!

何度も書きます。
讃岐にとって開幕戦は
単なる34分の1試合では
ありません。

この一戦こそ今年の34試合を
象徴する一戦であり、
絶対に勝たなくてはならない
一戦なのです。

絶対に勝ちましょう。

いよいよ明日3月10日は
カマタマーレ讃岐開幕戦。

昨年に引き続きJリーグの
開幕戦が香川にやって来るのです。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
02 | 2019/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR