滝のような雨の中

警報にビビってしまい
スタジアムに行くことが
出来ませんでした。



DAZNで観ていて
ピカスタには熱狂的な
サポーター。
公式発表で1191名。
まさに猛者達と呼ぶに相応しい
讃岐、山形両サポーターが
詰めかけているのを観ました。

試合は開始から画面でも解る程
激しい雨の中、止まるボールに
浮き球のパスを両チームとも
多用。

序盤は山形ペースで始まった試合が
徐々に讃岐ペースになり始め
たのは前半の15分を経過した
あたり。

なんだかコーナーキックや
フリーキックが増え始めた
と思うと結局試合を通じて
ボール支配率は讃岐の52%、
山形の48%。特に後半72分
山形が瀬沼選手を下げるまで、
讃岐ペースだったように感じました。

当初はぶっちゃけ、今日のグランド
コンディションを見た瞬間、
お互いにとって引き分けなら
御の字の試合なのかぁと思って
観ていました。

しかし後半、原選手のフワッと
した浮き球のシュートを観た
瞬間、引き分けでも御の字って
気持ちから一気に勝ちたい気持ち
にギアが上がりました。

大剛選手、馬場選手を欠いた一戦、
それでも、浮き球、讃岐ゴール前に
上がるボールにはイ・ジュヨン選手の
クリアが、クリア気味に蹴り上げた
ように見えたボールはヨンジ選手から
だった事もあり二人とも存在感を
発揮していて熱くなり始める父。

激しい雨に転がらないボール、
サッカーだけ観ていたら全く
面白くないサッカーだったと
思うのですが、気づけば、
あのドキドキと興奮はいつも
カマタマーレがもたらせてくれる
ドキドキでした。

ただ、今回はホームゲームだった
こともあり特に感じます。

こんなにドキドキするのなら
スタジアムで観ていた方が
気が楽だったなぁ・・・。
原選手のループシュート以降は
心臓に悪いなぁってほど、
ドキドキしていました。

大雨の中の一戦、結果は0-0。
最低限のドロー決着。
欲を言えば先週の愛媛戦、
徹也選手のシュートも
今週の原選手のシュートも
それは決めてよーーーー!
ってシュートが続きました。

次は決めてくれると信じています。

滝のような大雨の中、ピカスタ
まで行かれた皆様、お疲れ様でした。

讃岐を勝たせたい皆様の声、
DAZNでも
とても強く聞こえて来ました。
気をつけてお帰り下さい。
また
風邪などひかれませんよう、
十分ケアしてくださいね。

そんなこんなで雨でも
ドキドキ、興奮する試合を魅せる

カマタマーレHPはこちらから

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

台風を蹴散らせ

開催決定を聞いて
思います。

2週続けて雨の中での
一戦、それも台風接近の
中での一戦になりそうです。

昨日、山口が水戸に勝ち
勝ち点差が4に縮まりました。

そんな中迎える山形戦。

台風を蹴散らすような
勝利が欲しい!

過去のピカスタの
ピッチコンディションから
想像するにボールは
止まりまくって転がらず、
そこら中、水たまりが
出来ることでしょう。

もしかしたらこれまでの
練習や作戦が通用しない
試合になるかも知れません。

チーム間の力の差は
なくなり、ただただ
よく走り、あたりの強い
チームが勝つ試合になるのかも
知れません。

それでも言い切れます。
勝てばどんな試合でも
どんな状況でも面白いと!

今日、そんな面白い試合を
観るのは我々だ!
台風を蹴散らすような
勝利を魅せてくれ!

そんなこんなで
カマタマーレHPはこちらから

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

秋になると

この時期になると毎年気になるのが
J2リーグの終盤戦ともうひとつ

地域リーグ決勝大会です。

飯塚監督のFC刈谷や
藤田選手、堀河選手の
鈴鹿アンリミテッド、
四国から高知ユナイテッド
を含めた12チームが出場します。

この12チームの中で
JFLに昇格出来るのは
たったの2チーム。

地域リーグのチャンピオン達を
集め、その中でたったの2チーム
しか昇格出来ない厳しさ。

あわせて一次ラウンド、決勝ラウンド
ともに3日間で3試合を行う
選手達にとっては、とんでもない
超ハードスケジュール。

そこまで古くからのサポーターで
ない我が家。カマタマーレは
こんな大会を勝ち上がり
突破し、くぐり抜けて来たんだ
なあと感心、感動しております。

1次ラウンドは
11月10日(金)からの3日間。
決勝ラウンドは
11月24日(金)からの3日間。

今年は淡路島も1次ラウンドの
会場になって観ることができます。

もしも時間に余裕があれば是非!
目の前で飯塚監督や藤田選手
堀河選手を観ることが出来る
かもしれません。

そんな地域リーグ決勝大会、
抽選は今週末の日曜日です。

頑張れ飯塚!
頑張れ藤田!
頑張れ堀河!

そんなこんなで
カマタマーレHPはこちらから


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

雨の日の観戦も悪くない!

偶然こんな記事を見つけて
しまったのである。

10/17(火)16:56配信 夕刊フジ

これでいいのか!?泥んこCS舞台裏 須藤氏が怒り心頭「お客さんに失礼」、杵渕セ統括「ベストな判断」


泥んこになり、どう考えても
最悪のグランドコンディションの中
戦った両チーム。

さらにその下、コメント欄には
強い口調の批判が相次ぐ。

例えば


“なにがベストな判断だ!
物の考え方がおかしいんじゃないか?

お客さんは寒い中で雨に打たれて
最低な条件のプレー観させられて、
たぶん次の日に風邪ひいて熱出て、
寝込んだ人も沢山いると思うよ。“
(以下省略)


そりゃ、そうですよ。あの写真の
ような泥んこの中
野球やったらボールが
転がらないのは容易に想像が
つきます。

そりゃ、到底プロとは言えない
つまらない試合を見せられた
と思ったとしても何ら不思議では
ないことでしょう。

それにしても父が注目したのは

“お客さんは寒い中で雨に打たれて
(中略)
たぶん次の日に風邪ひいて熱出て、
寝込んだ人も沢山いると思うよ。“
の部分。
これ読んだ瞬間思いました。

愛媛で雨に打たれながら
応援していた自分達って
一体・・・。

試合以外の部分は
楽しかったと感じつつ
びしょ濡れで帰宅した
自分達って一体・・・。

解りますよ!
ベストでない状態の野球の
試合をお金払って
見せられたらって気持ち
充分、本当に充分
解っているんですよ!

サッカーは雨関係ないのも
充分、本当に充分
解っているんですよ!

でも、あの雨の中
楽しそうに飛び跳ねた
のって一体・・・。

このモヤモヤ感。
決してどっちが良くて
どっちが悪いとか
言いたいのではないんです。

ただただ、あの雨の中
びしょ濡れになりながら
まあ、こんな事もあるよな
とか言いながら帰宅した
あの感情。

多分15日甲子園に行った
人も数年後には思い出す
ことでしょう。
「あんな中、野球見たなぁ。」
とか
「あの後、風邪こじらせたよなぁ。」
とか。
その時にはすべていい思い出に
なっている事でしょう。

いや、雨の日の観戦も
“数年経てば”
悪くない。


そんなこんなで楽しい
カマタマーレHPはこちらから


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

父の威厳

愛媛戦前ドリームマッチの最中
マッチデープログラムを見ながら
「もち投げがあるって。」
と母。
「もち投げって何?」
と太郎。
「お前、もち投げ知らんの?」
と父。

そんなこんなで
ドリームマッチ終了後
もち投げ(拾い)に参戦して
来ました。

お餅が沢山飛んで来そうな
場所をキープし準備完了。
小学生である太郎は、トットと
子ども優先である前のほうに
行ってしまった。

運良く何個か飛んできた
うちの一つをキャッチした父。
1個もらえれば、他の人に
譲ろうかなぁとも考えていたが
つい熱くなってしまう。
さらに下がろうにも集まってくる
人に外に逃げ場がなくなり・・・。

結果目の前に飛んで来たお餅を
3個キャッチ。

もち投げ終了後、家族で成果を
発表しあう。
「父ちゃん、俺1個GETしたで。」
と太郎。
「私やようけ飛んで来たのに
全然獲れなかった。」と母。
「で、父ちゃんは?」と太郎が聞く。

フッフッフ・・・。
自慢げに3個のお餅を見せる父。

「すっげーーー!」と太郎から
褒めてもらいつつ、
「もち投げっていうのは
こうやってやるんや!」
と自慢。
これが父の威厳である!

さて、スタンドに戻って来た
父達に雨に濡れながら留守番
していた次郎(餅嫌いの7歳)
に家族3人で4個の餅をGET
したことを報告。

餅嫌いの次郎からの冷めた一言。
「ふーん。まあ、良かったやん。」

これが次郎(餅嫌い7歳)
の気遣いである。

そんなこんなで楽しい
カマタマーレHPはこちらから


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村


09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR