丸亀競技場からピカスタへ

カマタマのホームページで
監督コメントを読みながら
やっぱり、リーグ戦に
集中したかったんだなぁ
と言うのが判る。

さて、今朝四国新聞を
読みながら、多度津FC
の試合内容も知る。

昨日の内に結果は知って
いたが、愛媛相手に
0-1は本当に惜敗だと
思う。シュートは21本
撃たれたと書いていたが
0-1という結果には
変わりがない。
格上相手にこの結果は
今後のリーグ戦の
はずみになればと思います。
同じ香川のクラブを応援する
者として、香川のチームは
強い!そんな風に他所の
チームから観られるように
なればいいなぁと思います。

愛媛まで応援に駆け付けた
サポーターの皆様お疲れ様でした。

そして、昨日丸亀に駆け付けた
皆様、お疲れ様でした。
最後の丸亀競技場での試合
でしたね。
次、皆様と会う時は、ピカスタです。

でも名前の事よりも
このネーミングライツの
収入をピッチコンディションや
スタジアムの設備維持費に
活かして最高のスタジアムに
して欲しいです。

グランドキーパーの皆様。
日々頑張っておられると思います。
が、
ホームチームがホームゲームで
躍動し、我々観客が熱狂できる
そんなコンディションを期待
しています。

いつの日かピカスタの
コンディションはいつ見ても
スゲーなぁと言われるような
スタジアムになる事を願って
います。


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

これが一発勝負の

前半から決定機が
何度もあった。
40分に木島良輔選手が
前線で相手からボールを
奪取し、そのままキーパーと
1対1になった。
不利な体勢にも見えたが
そのまま、シュートに行く。
ボールかてんてんと転がり
無人のゴールの前を通り過ぎ
右サイドに流れて行った。

バックスタンドから
観ていた我が家、
入ったのかと思い喜びかけ
”あーーー”ってな感じになった。

その直後の43分今度は
高知大学に決定機が
やって来る。
ペナルティーエリアの外側から
ミドルシュート気味のボールを
勝田選手(?)(違っていたら
ごめんなさい。)が、うまく
トラップしそのままシュートに
瀬口選手が飛び出して
かろうじて身体に当てて
防いだ。あのプレーを
観た太郎が帰り際、
「今日のMVPは
瀬口(選手)やな!」
と言っていた。

前後半、共に我慢強く
守っていたが、本当に
あの瞬間だけは
”やられた”と思った。

後半から森川選手と
福家選手が出場。
前半のような決定機は
少なくなったように感じ
たが、そこはそれ!
いつもの讃岐になった
感じがして守備はいつも通り
抜群の安定だし、
FWの福家選手も
森川選手も走るのは早いし、
それにもましてよく走るなぁ
と思いながら観ていました。

最後も89分
その森川選手が
決勝ゴールを決めて
1対0

正直なところ延長も
頭をよぎりました。

「プロなんだから」
っていう人もいる
かもしれません。
「いやいや、内容的には
完全に讃岐のペース」
っていう人もいる
かもしれません。

でもよくよく考えれば
1―0はいつもの
讃岐の試合だとも思う。
一発勝負では、いや
一発勝負に限らず
本番では内容よりも結果
と考えれば初戦を勝てた
のが良かったなぁ等と
言いつつ帰路に着きました。

次は昨年めっちゃやられた
山形相手です。
しかし、昨年とは違う讃岐を
みせてやれ!
山形相手に一発勝負には
何があるのか解らない事を、
今年の讃岐が強い事を、
私達の街の戦士たちが
凄い所を見せつけろ!

次勝って丸亀でこの
トーナメントの続きが
観たい!我が家は
そんなミーハー家族
なのだ!


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
選手の名前、特に高知大学の43分のプレー勝田選手でなければ本当にすみません。ただあのプレーを抜きにして勝田選手、凄くいい選手に観えました。
あと、高知大学のメガホン応援迫力ありました。父はエエ歳なのに若者には負けんぞ!とばかりに声を張り上げましたが・・・。
「そもそも、若者には負けんぞ!って考える段階で既にやばい状態なんやって」という声もあったりなかったり・・・。

今、始まる負ければ終わりの一発勝負

今日、私達の街のクラブは
同じく、香川県を勝ち抜いた
多度津フットボールクラブと
共に初戦を迎える。
この戦いは、いつものリーグ
戦ではない!

負ければ、その場で終了の
トーナメントである。

カマタマーレの出場する
このトーナメントが元日まで
繋がっていると思うと
不思議な気がします。

とか言いつつ、本当に
元日まで残っていたりして・・・。
という淡い期待も
していたりして・・・。

もしも、私達の街の
クラブが元日に試合を
するようなことがあれば
皆様どうされます?

まだまだ、先の話だ!
って思ってますか?
正直なところ私もそう
思っていたりします(笑)

とはいえ、そんな大会に
出場することが出来るのも
これまた、ワクワクしますよね。
だってチャンスは出場する
チーム全部にあるのですから。

さて、昨日から番狂わせも
起きている。
岡山がセレッソが群馬が
早々に去りました。
今日はライバル達も
続々と登場します。

ライバル達に後れをとるな!
一発勝負のトーナメントで
凱歌を揚げろ!

今夜7時!丸亀で
私達の街のクラブが
勝ち名乗りを揚げる
瞬間をその目で観よう!
遥か先の元日決戦を
夢見ながら!

天皇杯1回戦
カマタマーレ讃岐
   対
高知大学(高知代表)

いよいよ、日本中を
巻き込んだトーナメントに
私達の街のクラブが
登場する。


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
今夜は多分投稿出来ないだろうと考え、今朝の投稿にしました。今日の試合の書き込みをウキウキしながら是非書きたい!
頑張れカマタマーレ!頑張れ多度津クラブ!

太郎の誕生日

明日8月30日は
太郎の誕生日
なのである。
ただ明日は
天皇杯があるので
本日誕生日祝いを
行う事になった。

そんな太郎が
初めてカマタマーレの
試合を観に行ったのが、
2011年讃岐の
JFL初年度、太郎まもなく
4歳を迎えようと
していた春の事。

最初から今のように
カマタマーレを
応援していた訳ではない。

同じ年の秋、
ヴォルティスの試合を
観に行った際、
試合前イベントとして
選手がサインボールの
投げ込みを行っていた。
そのボールがどうしても
欲しかったのか
「欲しい~。」と号泣。

あれだけ沢山いる中で
サインボールを本気で
欲しいと思うなら、
もっとアピールせないかん!
と言い聞かせる父と母。
「うん」と太郎。

その年のカマタマーレの
最終戦。丸亀での出来事。
やはりサインボールの
投げ入れがあった。

この時は、
次郎が体調不良で
父と太郎のみの
観戦だったと
記憶している。

バックスタンドの
人の少ない所で広々と
観ていた父と太郎。
ボールの投げ入れの際に、
選手達がメインスタンドや
バックスタンドの人が多く
集まるところに向かって
ボールを持って走って行く。

若干この場所にした事に
後悔した父。
が、徳島での苦い経験から
懸命に「こっちーー」と
アピールする太郎。
とはいえ、陣取った場所は
本当に二人だけ。

選手達が次々に
人の多い場所に
向かって走って
行くのが見える。



そこに、
こちらの方に向かって
走ってくる選手が!
いっそうアピールする太郎。
一瞬、選手も人の多い方に
行きかけたが太郎の
「こっちーー」に仕方なく
というか苦笑いを
浮かべながら
太郎の目の前まで
やって来てサインボールを
投げ入れてくれた。
「ありがとう」という太郎に
笑顔で手を
振りながら去っていく
キムジンウォン選手。

大喜びの太郎。
今でも思う。
あの瞬間から我が家の
カマタマライフが始まったと!

もしも、あの年の秋。
ヴォルティス選手の
サインボール
をGETしていたら・・・。

まあ、タラればの話は
おいといてカマタマライフは
始まったが、太郎と
次郎はまだまだ、
のめり込む
程ではなかった。
当時太郎4歳、
次郎2歳だった。

が、2012年こんな二人を
90分間釘付けにする
選手がそれぞれに現れる。

長くなったので
この続きはまた今度と
いうことで。

明日は天皇杯です。
勿論明日も観に行きます!
自分の誕生日会を前倒し
してでも観に行く太郎の
次郎の、我が家の
大好きなカマタマーレ

選手の皆様、明日も
期待しています。
サポーターの皆様
明日も太朗と次郎が
お世話になります。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

我が家の長崎旅行

DSC07026.jpg
今回、長崎に行ったのは
長崎サポ様と出会いが
きっかけで、是非長崎に
行きたい!と思ったから。

しかし

試合が始まれば敵なのである!

そう

試合が始まるまでは!

という訳で長崎サポ様に
いろいろと連れて行って
いただいた。

DSC07038.jpg

平和記念公園で売っている
ちりんちりんアイスは有名
らしくバラの形。

DSC07040.jpg

また、グラバー邸への
登り口、こんもりした
道路。何も知らなければ
通り過ぎるようなごく
一般的な道路。
この下に川があり昔は
橋が架かっていた、
それをそのまま
舗装したため、こんな
感じにこんもりとなっている
らしい。

DSC07042.jpg
うーん地元の人じゃないと
絶対に通り過ぎる普通の
道路である。
そして、太郎が撮った
日本3大夜景

DSC07048.jpg
霞がかかっているのではない!
単に腕が悪いのだ!

香川から長崎まで休憩や
ご飯を食べながら8時間
かかりました。


思ったほど疲れませんでした。
が、
思った以上に皿うどんと
一緒に飲んだビールが
美味しかったです。

楽しいなぁ。
アウェーの旅!
次は大阪に泊りで
行ってみようかなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

アウェー長崎戦その3

長崎との過去の対戦は
2分1敗。
この1敗も昨年の
試合が動かない中で
引き分けになりかけた
終盤の失点だった。

長崎との試合は本当に
得点が生まれない。

固い守りを誇るチーム同士の
対戦だからと言ってしまえば
それまでだが、サッカーの
醍醐味である得点シーンを
観ることが出来ない。
それが長崎戦である。

では観る価値がないのか?

断じてそんな事は無い!

前半14分ペナルティーエリア
付近の左サイドで永田選手が
相手DFを抜きにかかる。
抜ければ決定的な場面だった
が、長崎、ひげがトレードマークの
刀根選手がカバーに入る。
一瞬ゴールキックになるのかと
思いかけた。が、そこに背後から
仲間選手がするすると駆け寄り
スライディングでボールを中央に
折り返す。

そこに誰か詰めていれば得点
に繋がるシーンだった。


さらに60分、またも仲間選手が
中央から相手DFをかわしにかかる。
身体を左右に振りながら、するすると
かわしていく。まるで観劇でみる
牛若丸のよう。ゴールまでは少し遠い
気もしたが思わず
「打てーー!」と叫ぶ。
が、相手も懸命にコースを消すのが
観える。

ゴール裏から観ていて
フェイントをかけながら
シュートコースを探る仲間選手、
それを必死に消す長崎DF。

バッチバチの火花が飛ぶ。

さらにその数分後、今度も
左サイドを駆け上がった
高木選手からクロスがあがる
そこに我那覇選手が詰める。
入ったと思って手を挙げ変えたが
ボールが右サイドに流れていく。

終盤、攻勢を強めたのは長崎。
右サイドからゴール左サイド
にクロスが入る。そのボールを
イヨンジェ選手が折り返す。
しかし、これを清水選手がキャッチ
する。


DSC07084.jpg

日曜日に投稿した通り
長崎の応援がスタジアムの
屋根に跳ね返り
もの凄い歓声が
讃岐ゴール裏まで轟いてくる。

その歓声を押し返すべく
こちらも懸命に叫ぶ。

札幌戦を書いた
とあサポ様の
札幌戦観戦記で
自分達の声援に我那覇選手
が手をあげて答えるのを
観て「届いているぞ」
と思ったと書いていたが
その気持ちがよく解る。
それ程長崎の歓声には
迫力を通り越して
圧力を感じた。

長崎は長崎で大変だった
らしいが、讃岐サイドから
観た感じではそんな事
全く判らなかった。

さて、試合はお互い
チャンスはつくるが・・・。
そしてそのまま
タイムアップを迎える。

中断前の一戦。
夏の最後のアウェー戦
最低限の仕事である
勝ち点1をGETです。

声を枯らして応援し、
最後に選手達が挨拶に来る。
懸命に戦った選手達に
必死に応援した自分にも
この勝ち点1を持って
香川に帰ろう!
そう思いながら拍手する。

選手達が去った後、
ぐったりと座り込み
水を飲みながら空を
見上げた。
スタジアムにポッカリ
開いた屋根の間から
半分くらいかけた月が見えた。
その月を見ながら太郎が言う。
「終わったね。」
試合が、興奮とともに、
長い夏休みが
ようやく終わる。


DSC07087.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

アウェー長崎戦その2

さて、さらに時間は進み
選手達がピッチ内練習の為、
ピッチへ登場する。
拍手で迎えるゴール裏。
選手たちのチャントを
歌っているうちに
スタメン発表の時間が
やって来た。

この発表のアナウンスの
早い事!
「早い、早い」と誰かが
ツッコむ!
そう言えば楽しみにしていた
納涼チケットのビールも
缶ビールをコップに
移し替えたものだった。

ビールについては
やかましい我が家。
「やっつけ仕事かい!」
とツッコミを入れたくなる(笑)

父は思った。
“これもアウェーの洗礼なのか”
(そんな訳きゃーない!)

そんなこんなで時間も過ぎて
17時45分ピッチ内練習が終了
島原市長のあいさつへ
この日は島原市民DAY。
試合前のイベントで
流しそうめんを行っていたのは
この島原の特産が素麺であり、
そのPRのため。

市長の選挙演説に近い独特の
口調による挨拶が続く。
話によると島原は
そうめんの生産量日本で2位
だそうである。
そんなこともあり
「今日はうどん対そうめんの
麺対決です!」と挨拶がある。

これを聞いていた
讃岐コールリーダーから、
そうめん、第二位が
島原と紹介していましたが、
第一位は香川県です!
と紹介がある。

そして
「うどんも素麺も麺対決では
私たちの勝利です。
あと足りないものは
今日の勝利と、
その勝利を呼び込む
皆さんの声だけです。」
と語りかける。

一気にテンションが
はね上がる讃岐ゴール裏。
やってやろうじゃないか!
みたいな気分になった。

試合直前
いよいよ決戦モードに突入!
沸騰寸前のゴール裏!

長崎戦キックオフまであと僅か。


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
今日もお付き合いいただき
まして、ありがとうございます。
明日は、いよいよ試合編
と言いたいのですが、
あんまりサッカーの事は詳しく
ないので、雰囲気が伝わるのか
と少々心配の父。
しかし、頑張ってみます。
明日もお付き合いください。

アウェー長崎戦その1

日曜日のアウェー長崎戦。
試合前、スタジアム前で
流しそうめんを行っていた。
が、この流しそうめん
なかなか流れて来ない。
思った事をすぐに口にする父。
「誰?上の方で素麺取り
まくっとんわ?」

DSC07076.jpg

絶対に上の方で誰かが取って
流れて来んのや!そう思っていた。

すると太郎が上の方からやって来て
「父ちゃん、これ!」
と素麺で大盛りになった器を見せる。
父は思った。

“お前か!俺の素麺を取った奴は!”

散々それらを食べてスタジアムへ。

スタジアム内では今節の見どころや
讃岐の攻略法等を解説者が紹介。
前節の水戸対讃岐の試合を
オーロラビジョンで流しながら
解説者が讃岐攻略の糸口を
語る。解説者いわく
「讃岐は堅い守りを誇るチーム。
そしてそこから繰り出される速攻に
十分注意しなければならない。
“はっきり言ってこのチーム(讃岐)は
強いです“(長崎は)そんなにチャンスは
多くないでしょう。」
と紹介がある。そんな讃岐を
どの様に攻略するのか?をなんとなく
聞きながら、最後に解説者が
今日の予想スコアを発表。

「はい、今日のスコアは2-0で
長崎です。」

エーーーーー!

そんなにチャンスは多くないって言って
いたような・・・。

はっきり言ってこのチームは強いですって
言っていたような・・・。

この予想にざわつく讃岐ゴール裏。
さっきまでの言葉は!?
と素朴な疑問も頭に浮かぶ。

父は思った。
“これがアウェーの洗礼なのか”
(そんな訳きゃーない!)
長崎戦キックオフまで約一時間。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
滅多にアウェーに参戦することが
出来ない我が家。
嬉しげにその1などとタイトルを
付けてしまった。
明日はもちろん、その2です。
どうぞ、お付き合いくださいませ。

街をあげて

すみません。今日は
少し愚痴っぽくなるかも・・・。

DSC07093.jpg
日曜の朝、長崎の街の
記事を書きましたが、
これがその写真です。



諫早駅にだってVファーレン
少し見えにくいけど
駅の入り口にまで
看板が!

少し大袈裟かもしれませんが、
諫早の街からは
”何が何でも長崎を応援する”
そんな気持ちが伝わって来た。


DSC07094.jpg
間違いなく、諫早の街は、
”街をあげてVファーレンを
応援している”
そんな雰囲気が
直に伝わって来た。

そして選手達は街を
背負って戦っている
のも伝わってきた。

昨日の長崎の入場者数
4004人。

決して昨日の入場者数は
長崎にしてみれば多くは
なかったそうである。

それでも長崎のチャンスには、
長崎を応援する人たちの
歓声がスタンドの屋根に
跳ね返って”ゴーーー”
とか
”ドーーー”
と押し寄せる波のように
聞こえてきた。

アウェーの地で
私達の街の選手達は
こんな雰囲気の中での
戦いを毎回強いられながら
戦っているのか?

そして

今日、こんな相手を
敵に回しに戦わなければ
ならないのか?そう思った。

それ程、長崎の応援には
圧力を感じた。
アウェー参戦に慣れている
サポーターの皆様からすれば
「まだまだ、これくらい」
と仰る人もおられるかもしれない。
が、少なくても私にはそんな
風に感じた。

先にも書いたが、
長崎の選手達は、
長崎サポーターの思いを、
長崎という街を、
背負って戦っている
という雰囲気が伝わって来た。

しかし、
それは讃岐の選手だって
同じだった。
彼らは香川県を、この街を
背負って戦っている!

丸亀に行けば判る。
皆さんの、その目で、
あの戦いを観れば判る。

しかし、私は、この街は、
カマタマーレを街をあげて
応援しているのだろうか?

アウェーのあの重圧の中
戦って帰って来た選手達を

私は、私の大好きなこの街は、
本気でカマタマーレを応援
しているのだろうか?

そう考えると悔しくて・・・。

いつの日か、満員の
丸亀で選手達を
”ゴーーー”
とか
”ドーーー”
という歓声で迎えてみたい。

だって彼らはこの街を、
香川を、背負って
戦っているのだから。


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

長崎とのつばぜり合い

前半から押している
感じがしていた。
後半は更に決定機が
増えた気がした。
それでも長崎とは
本当に得点が生まれない。

65分左サイドから
決定的なクロスが
上がる。
ピンポイントで合わせたのは
我那覇選手!
ゴール裏で観ていた我が家、
決まったと思った瞬間だった。
しかしボールは枠をそれていく。
喜んで、手を上げかけた。

長崎もチャンスを
作るが得点を与えない。

どちらが肉を切らせて
骨を断つのか!

そんな試合。

お互いに失点の少ない
チーム同士、それでも
個人的には見応え十分
な試合。

興奮しました。
叫びました。
リーグ戦中断前の試合。
次は丸亀でのホーム戦
から始まります。

次も興奮しよう!
叫んでやる!
私達の街の戦士達は凄いのだ!
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
07 | 2015/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR