あのイベントが高松に出張してくる

結構楽しいサブイベントがあり
結構楽しいメインイベントだと思う。
結構多くの人が集い
結構安価に楽しめるもの。
それが、我が家のJリーグ観戦である。
DSC_0118.jpg
我が家の場合、子ども達は
小学生以下なので、大人2名の
入場料(バックスタンドなら3,000円)
でほぼ一日遊べるイベントが隔週で
楽しめる。

かなりお得だと思う。
だって映画観るにしても家族4人で
丸一日、3000円で楽しめるだろうか?
というかいまどき3,000円で家族4人
一日楽しめるものって他にあります?

確かに公園ならばタダだ!

しかし、公園で大声で飛び跳ねたり
した日には絶対に言われる!
「あの家族の近くに行ってはダメ!」
と(笑)

しかし、大人も子どもも一緒になって
大騒ぎできる環境がすぐそこに
あるとすれば?

大人が考えるより遥かに敏感に
子どもは音楽に反応します。

そして歌う事に関しては大人よりも
楽しそうに歌います。
小さければ、小さいほど
歌う事に恥かしい感覚なんて
無いですからね。

私達だってカラオケで歌いますよね?
日曜日の真昼間に子ども無料、大人
一人1,500円90分歌い放題の屋外
カラオケがあるとすれば?

いやいや、
静かにサッカーを観させろよ!
とか
純粋にサッカーを楽しませえろよ!
という人も勿論ありのイベント。

今年はグンマちゃんとも写真を
撮りました。
フォルランも生で観たし、
名波監督も観ました。、

絶対に香川にJリーグチーム
が無いとやって来ないであろう
人達が丸亀に沢山やって来ました。

もちろん、讃岐にだって有名な
選手達がいます。
元日本代表もいれば
年代別代表だっています。
選手だけではありません。
上村ヘッドコーチはマイアミの
奇跡を経験しハンガリー戦では
同点ゴールを決めた
上村健一その人。

こんな凄い人達と北野監督が
創り出す戦いがすぐそばで
観えるこの事実。
サッカーはこの戦いにサポーター
を含めた総合芸術みたいな
所があると思います。
この芸術、やる度に完成型が
異なります。毎回確約された
完成はありません。だから
見てみませんか?

次の完成型を、あなたの目で。

さてこんなイベントが週末
高松丸亀町グリーンに
出張でやって来ます。
DSC_00431.jpg
(これは7月のジュビロ戦パブリックビューイング)

是非、雰囲気だけでも楽しみに
行きませんか?
毎回新しい芸術が生まれる
出張スタジアムが日曜、高松に
やって来るのです。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

街の特産パンで今年を占う

太郎の学校の給食が
太郎曰く「最悪だった」
らしい。なんでもみかんパン
なるものが出たらしい。

みかんじゃあねぇ
DSC07181.jpg
(これは愛媛の選手紹介の画面。蛇口からもポンジュース)

やっぱり
香川ならうどんパンでしょ。
などと言いながら、
近県の事を考える。

徳島なら、すだちパン。
岡山なら桃パン、マスカットパン。

近県のライバルチームの県も
うどんパン、しょうゆ豆パン同様
あまりおいしそうな
感じがしないのを確認して
ホッとする。

それに比べ
神戸ならビーフパン。
大阪ならたこ焼きパン。
広島ならお好み焼きパン。
名古屋なら味噌カツパン。

美味しそうではないか!

そこで思う。
強いチームの県(市)は
美味しそうなパンになるのでは?

だってウナギのかば焼きパン
とか美味しそうじゃないですか?
それに比べ納豆パンとか食べたい
気持ちそそられますか?
うどんパンと同じくらい
ヤバいパンになりそうである。

こう考えると“以外”に
ギョーザパンとか美味しそう
である。

これは大変な事になった。
ここからギョーザパン(栃木)
が来るのか?

しかし、ここで母が口を開く。
「そもそも、うどんパンって
言うからイカンのや。
カレーうどんパンなら
行けそうや!」

おーーそんな手があったのか!
なんか反則気味なのである。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

この法則で言うと高知は
不利かも知れない。
だってカツオのたたきパン
ってどうなん?

そして、多分この法則には
当てはまらないパンが絶対に
ある!是非美味しそうなパン
を持つJリーグチームの県(市)
教えて下さい。
あと馬刺しパンもイカンと思う。

これをどうすれば表現できるのか?

“隣の芝生は青く見える”
もので、つい昨日これを
思い知る出来事が起こる。

先制した讃岐に対して
京都が取った作戦は
選手交代。すかさず
宮吉選手に代えて
大黒選手を投入する。

さらにその2分後、
山瀬選手を投入した。

しかも、その大黒選手
今日テレビで確認すると
ゴールのシーン。
解説者によると、
右足で蹴ろうとして
清水選手の動きを
見ながらフェイントを
かけて左足でシュート
したらしい。

これを観ていた父。
「すげーなー、京都は
元日本代表が控えに
おって、その2人を
途中から投入できるんやで」
と言いそうになって気付く。

いやいや、讃岐やって
元日本代表
我那覇選手がおるやん。

・・・良い方に考えよう!

京都は元日本代表2人を
投入しながら同点どまり。

これに対して

讃岐は元日本代表を“温存”しつつ
引き分けである!

さあ、どうでしょう?
どっちにダメージが大きいのか?

・・・いやいや、違う、違う!

なんか言いたい事と書いている
事が違う!
しかもこれ、引き分けで
良かったみたいな感じに
なってるやーーん。

違う違う!

そもそも私が言いたいのは
こんなことではない。

京都の選手はすごく見えるが
讃岐にも凄い選手達がいる
事を言いたいのだ!

でも、これ、どう表現したらいいの?
表現力のある方
誰か助けて下さい(セカチュウ風に)

とにかく
隣の芝生は青く見える
という事を言いたいのだ!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村


久々の勝ち点です。

もちろん満足なんて
していない。それは
たぶん皆さんと同じ気持ちです。
でも、今日は完全に讃岐の試合
でしたよね?でしたよね?
半ば強引に引き分けにされて
しまった。そんな試合でしたよね?
DSC_0128.jpg
56分永田選手が京都右サイド
でボールをキープしたまま、相手
DFを交わしていく。
そこからマイナス気味のパスが
ゴール正面で待ち構えていた
仲間選手に渡る。
振りぬかれた足から放たれた
低い弾道が京都ゴール右隅に
決まる。

リーグ戦では一か月ぶりにみる
ゴールに大興奮のバックスタンド。
しかし喜びも束の間
66分、京都コーナーキックから
途中出場の大黒選手に
同点ゴールを与えてしまった。
なんだか、大黒選手、
大事な場面でそこにいる選手
ですよね。少ないチャンスの中で
京都にきっちり同点にされて
しまった。

しかし、今シーズン先制
すれば負けない讃岐。
それを証明するように
決定的な場面を演出。
75分(?)木島良輔選手が
抜け出してキーパーと1対1に!
ビッグチャンスだったが、
決めきれなかった。

その数分後、今度は変わった
森川選手がキーパーと
1対1になった。
しかしこれも相手キーパーの
清水選手に止められた。

そして、極めつけは87分
ゴール前で沼田選手が
フリーでヘディングに!
なんだか「来た!」
と思いすぎて早く頭を
振りすぎて外してしまった
印象でした。

ボールがバーを越えていった
瞬間、バックスタンドは
大きく浮いたボールと対照的に
じゃがみ(沈み)込んでしまった。
後ろから見ていて、かるーい
ウェーブのように見えた。

「そこは決めてよーー」
と言いつつも、久々の
勝ち点1です。

しかも、あの京都相手に
めっちゃ押しながらの
ドローです。
勝たなければいけない
試合かもしれません。
が、
最低限の結果を選手達
は見せてくれました。
何の結果かって?

今節で
京都と順位が入れ替わる
事は防ぎました。
さらに、リーグ戦としては
約一か月ぶりの
ゴールを見せてくれました。

そして、先制した試合では
負けないジンクス?も
継続中です。

決して満足なんかしていません。
それでも、あの京都相手に
勝てる!そう思わせる内容。

もちろんテンション
MAXなんかではない

とにもかくにも、
久々の勝ち点1なのだ!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

実りの秋の象徴が我が家に、これで明日勝てるかも

ここから実りの秋の戦いを
迎えるのだ!
と言い続けてきたが、
一足先に我が家に
実りの秋の象徴が
やって来たのだ!

ビールを飲みながらまったり
していた我が家に突然、軽トラ
が・・・。

DSC07200.jpg

「突然やけど、今日獅子舞
どうかいの?」とやって来たのだ!

これで何故、明日勝てるのか?

我が家に獅子舞が来た時に
負けた記憶がないのです!

ちなみに昨年は、福岡に
遠征に行った日に来てくれて
いたみたいで、その時の
讃岐の試合は関原選手の
決勝ゴールのあの試合!

これ凄くないですか?
だって、本当は今日の予定
じゃなかったらしいんですよ!

見て!この顔!
これで明日はもらったぞ!

DSC07199.jpg
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村


かまたま#4、本日21時半です!

もうそろそろ、我慢の限界なのだ
今日こそ、ゆるいんを書くのだ!

待ちに待ったかまたまの
第4回放送が
今夜21時半にあります。
前回チャントもっとが無く残念!
と書いていたら、
その後HPに番外編
があり、その中に
しっかり”チャントもっと”
が入っていました。

あれ、たまらなく好きなのです。
めっちゃ元気になれます。
そう、特に落ち込んでいる時に
効果あり。

その他、眼精疲労、腰痛、肩こり
貧血には効果なし(だと思う)

あと疲れている時にも効果あり。

そんな神的な、いやもう
”神コーナー”を排出した番組。

いつものようにアントラーズの
固い番組の後にやって来ます。

あのギャップ。
あの緩急。
あの落とし方。

全盛時の
牛島のフォークボールを
見よるみたいや!

この例えどうなん?
と思わないでもない!

解る人だけ解ったらエエんや!

以上、
ダイナマイトキッドの従弟の
デービーボーイスミスの足を
踏んづけた事がある父でした。

(これも、プロレスファンには結構なインパクトやと思うんやけど・・・。)
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

私達は凄いリーダーを擁している

気を悪くしたらごめんなさい。
読みたくない人はスルーで
お願いします。

やはり昨日の事を書かないと
いつものようなゆるい奴を
書けない気がしたので・・・。

人生において、目一杯やっても
出来ない事はあるもので、
月曜日のガイナーズ竹田投手の
タイムリーエラーも、
昨日のカマタマーレの敗戦も
こちらも全力ならば、相手も
全力な訳で、その中で生じる
ミスであったり、普段では考えられない
プレーと言うのは付き物なのかも
しれません。
私生活においても、仕事なんかで
普段なら考えられないミスをやって
しまう事ありますよね?

少し話がズレたので、本題に入る。
昨日、試合後スタジアムでは騒然と
なりつつあった。

が、

一人の男の言葉で収まりをみせた。
その男は、選手たちにも
私達にも同様の事を言った。
「俺達も、もっと頑張る。
選手たちももっと頑張ってくれ」

そして、さらに
「こんな事では甘いって言われる
かもしれないけど、俺達は信じて
もっと応援するしかないんだ」
と私達サポーターに語りかける。

私が応援しているカマタマーレと
いうチームにはこんなにも
素晴らしいコールリーダーが
いる集団なのか?と感じた。

そして、こんな素晴らしい
リーダーが率いるサポート集団に
我が家も足を踏み入れつつ
あるのか?と思った瞬間
鳥肌が立ち、涙が出た。

決して負けた事が悔しくて
泣いたのではない!

こんな集団が我が家のすぐ近くに
いた事に興奮したから涙が出たのだ!

負けた事で涙が出たことはあれど
敗戦の後、興奮で涙が出たのは
初めての経験である。

7月のアウェー磐田戦のPV観戦記で
皆さんといると楽しいと書きました。
あの時は楽しいけど、何が楽しくさせて
いるのか?なんて考えてもいませんでした。
ただ、劇的な同点シーンを観たから
楽しいくらいに考えていました。

昨日騒然となりつつあった雰囲気の
中、それを収束させた一人の男に
この人について行けば大丈夫だ!
私達は凄いリーダーを擁している!
そう感じた愛媛戦。
これと楽しいとは別かもしれませんが、
とにかく楽しければ良いのです。
楽しいレベル(内容)が人それぞれ
であり、私は、誰でも気軽にサポーター
席へ行ける雰囲気が楽しいと感じて
いるのだ。

帰りはかなり強めの雨でした。
皆様無事に帰り着きましたか?

あの雨で地を固めるのだ!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

絆は信頼

前半と後半で違った攻撃になって
期待したが、やはり先に点をやると
苦しい。
特に前半のバタバタした感じが後半は
改善されたが、最初の失点が今の讃岐には
重すぎました。

ただ愛媛まで来て良かったと思う事が
ありまさた。
コールリーダーの最後の言葉です。
『選手のみんなも頑張っていると
思う。俺達も頑張るから…』
正直最後は何を言っているのか
解りませんでしたがサポーターも
拍手している。そして驚いた事に
選手も下を向きながら小さく拍手
していました。
次は任せとけ!
そんな風に見えました。

なんだか讃岐を応援していて
良かったと思える瞬間でした。

日曜徳島に負けた時、
負ければ人は去って行く
と書きました。


今日負けはしましたが、
今日ほど選手とサポーターの
絆を感じた事は初めてです。
そして今日ほど讃岐を応援していて
良かったと思える日はありません
でした。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

33番を背負うエースへ

今年6月28日の熊本戦、
その男のゴールから
劇場の幕が上がったと投稿した。
しかし、その後男は沈黙を続ける。
時に劇場には別の登場人物が
現れるが彼が現れる事はなく
沈黙を続ける。
それでも、中央に照らされる
スポットライトの光は消える事がない。
男がそこに、その光の中に
現れる瞬間を待つように
煌々と尚、光り続けている。

今夜、再びその光の中に
颯爽(さっそう)と男は現れる。
そしてこれまで沈黙してきた
舞台を再び男が動かし始める。

男よ、暴れるがいい。
そして魅せてくれ!
あなたがエースである事を!
今日の勝利から
秋の戦いを始めよう。

あなたのゴールと共に!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
今夜は帰宅が深夜になるため
多分これが今日最後の投稿。
明日は絶対に興奮しながら
投稿しているのだ!
IMG_3706.jpg
勝利のダンスはすぐそこに!

チャンピオンシップ第二戦、絶対に負けたくない愛媛戦

日曜日、本来ならば
東四国クラシコを観戦し
その足で、生島で行われる
四国アイランドリーグ、
チャンピオンシップの初戦、

香川オリーブガイナーズ
    対
愛媛マンダリンパイレーツ

へ参戦する予定だった。
が、
カマタマーレの敗戦のショックで
重い足取りを、どうすることも出来ず
初戦を諦め昨日、
第二戦に太郎とともに
参戦してきました。

DSC07165.jpg

19時のプレーボールでは
あったが仕事があり、
20時前、四国Cスタ丸亀に到着。
試合は4回表、4対2と
ガイナーズ2点リードで
迎えた愛媛の攻撃の際中だった。
着いて早々、愛媛に
同点タイムリーが生まれる。
その後は、こう着状態では
あるものの、毎回のように
ランナーを出す愛媛に対して、
我が家が着いてから
全くランナーを出せない香川。
しかも、相手の東風平投手の
出来が抜群にいい。
最初から観ていない父。
「一体どうやって、
こんな投手から4点も取ったんや?」
そう思っていた。
(本日新聞を読んで
東風平投手が2番手だったことを知る)
8回表、愛媛の攻撃1アウト1、2塁
での出来事。
一二塁間の強い打球を
香川の1塁手、原口選手が
横っ飛びに抑える、
すかさず2塁に送球する原口選手。
ボールは3-6-1と渡ったが
バッターランナーの足が速く
1塁はセーフ。
この間に2塁から一気に
ランナーが本塁突入をかける。
きわどいタイミングではあったが、
落ち着いて本塁に送球すれば
十分アウトのタイミング。
(むしろ“走ってくれて
ありがとう”位に観
ていて思った。)
が、1塁ベースカバーに入った
竹田投手から捕手への送球が
悪送球となり、
逆転を許す。
原口選手のファインプレーを
消し飛ばして余りある、
痛すぎるタイムリーエラー。
その後何とか後続を断つものの
「逆転するぞ!」
の声もむなしく、
我が家が観に行ってから
ヒットどころか一人のランナーも
出せない香川。
最終回も簡単に2アウト。
最後は応援団長が
喋っているうちに
凡打に終わり
ゲームセットとなった。

昨日の観客は1227人。
愛媛からも応援団が
かけつけていた。
カマタマーレの応援と
若干違うのはガイナーズの
応援は自分達で完結している
ような印象。何がなんでも
ガイナーズを勝たせるために
応援しているのではなく、
自分達が楽しんで結果
ガイナーズが勝てば尚よし的な
ように見て取れた。
勿論熱く応援する人もいたが、
一部を除いて応援に
めちゃくちゃ力を入れている
印象はない。さりとて
全く声を出さない訳ではなく、
しっかりと声を出しながら
ニコニコ応援している人が、
父の周りに多かったように思う。
これはこれでとても面白かった。
だって熱くなればなるほど、
試合終了後の疲れって
半端ないですからね。

DSC07163.jpg

正直な所、昨日の愛媛との試合は、
水曜日の北四国決戦の前哨戦と
思いながら応援するつもりが、
周りの雰囲気になんだか
別の楽しい感覚が芽生えた父でした。

皆様、
日曜の敗戦のショックは
癒えましたか?
そろそろ切り替えて行きますよ!
明日は、いや明日も大一番!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
08 | 2015/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR