宴じゃぁぁぁぁ!

毎回不思議に思います。
カマタマーレが勝った
日は、なぜこんなに
ビールが旨いのか?

毎回不思議に思う。
カマタマーレが勝った
翌日は、なぜこんなに
心晴れやかなのか?

昨日も飲みました。
そして今日、二日酔いすら
気にならないほど心が軽い。

・・・なんのこっちゃ。

いやイヤいや。
皆さん不思議じゃないですか?
ゴールの瞬間だって全く知らない
隣の人とハイタッチ。
アウェーに参戦すれば、水色の
ユニフォーム見ただけで、ホッと
する自分がいる。

これ何なん?
とかイイながら昨日の宴は
マッチデーハイライトを
見ながら始まりました。

太郎が隼斗選手の退場に
なったプレーを見ながら
「相手やって隼斗のユニフォーム
引っ張っとるやん!」
と強い口調でテレビに抗議する。
さらに、
「(隼斗選手)前半血出るまで
相手にやられたんで。相手にも
何か警告があっても
よかったんちゃう?」と太郎。

一瞬、不穏になる我が家の宴。

「まあ、エエやん。ハマチを食べろ!」
と刺身を勧める。
「そうやな。」
太郎も刺身が無くなっては大変と
切り替えが早い。

不思議です。
カマタマーレが勝ったから
と言って特別我が家の何かが
変わる訳ではないのに、
勝つと嬉しく負けると悔しい
この感じ。

しかもですよ。
勝った時の嬉しさ、幸福感と
負けた時の悔しさ、絶望感が
極端すぎる。
これ、ウチだけですか?

自宅応援の皆様、皆様の家の
昨日の宴はどうでしたか?
また現地応援の皆様、
昨日の勝利、生で見た感想も
是非教えて下さい。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

10人になっても全員攻撃、全員守備、団結!これが讃岐、勝利の方程式

まず、悔しそうな隼斗選手の
表情を見てこれ書くのはつらい
のですが、テレビを見る限り
2枚目のイエローは仕方ない
と思います。相手選手の
脇腹あたりにヘッドバットを
しているように見えました。

うーーん・・・。
あんなの見たら
審判からも讃岐は
悪い意味で目を
つけられても仕方ないなぁ
とも思いました。

それにしても試合中は
もう、怖くてテレビを見るのが
辛くて
風呂掃除してみたり、
布団を取り込んでみたりと
ドキドキの止まらない
90分でした。

前半開始早々のゴールで
さい先よく先制した。
山本選手から西選手へ
そして最後は徹也選手へ。
ペナルティーエリア内で
切り返しそのまま左足で
キーパーの股の間を抜く
きれいなゴール。
思わず叫ぶ太郎と父。
やった、やったと大合唱。

この1点を守りながら
危険なシーンもありつつ
のらりくらりと交わし
続け前半終了。



後半様相が一気に変わる
開始直後、相手に
PKを与えてしまう。
清水選手は完全に逆に
飛んでいた。
しかし、
町田、仲川選手から
蹴り出されたボールは
ポストに当たって枠の外に。
思わず「うぉーーっ」と
声が上がる父。

強い相手、町田の分厚い攻撃を
11人で防いでいた57分、
事件が起こる。最初に書いた
通り隼斗選手が2枚目の
イエローカードで退場した。

納得していない隼斗選手の
表情がテレビに映し出される。

決してこれで試合が優位に
なったとは思いませんし退場が
いい事だなんて思っていません。
が、
この退場をキッカケに
讃岐の選手達が
団結したように見えた。

絶対にココは通さない
とか
俺を抜いてみろ
見たいな気合いではなく、
全員で、どうやったら
勝てるのか?を懸命に
探しているように見えた。

試合内容も団結した
讃岐からビッグチャンスを
創り出す町田に対して
この1点で今日は勝つ!
そんな気持ちの見える讃岐。

父的には隼斗選手の退場からは
もう試合を見るのがつらかったです。
1分1秒が長く、手が震え、声は出ず、
落ち着いてなんていられない。

それにしても前節同様
激しい内容。
特に仲間選手の
退場シーン以降は・・・。

ただ、先にも書いたように
この試合に関しては
隼斗選手の退場から、とても
解りやすい展開になりました。

とにかく、終始守る時間が
多いように感じていただけに
昨年もリードしたら、
”こうだったじゃないか”と
思い出させる試合。
この展開なら
去年何度も経験したぜ!
そう自分に言い聞かすが
やっぱり肩に力が入り
肩こりとドキドキが波の
ように押し寄せてくる。

そんな時間を実に30以上も
耐えに耐え、ついに歓喜の瞬間が!

昨日、挑戦を続ける限り
この連敗はどこかで止まる
と書きました。
そして、その”どこか”こそ
今日の一戦であると書きました。

いや、本当によく耐えた
90分だったと思います。

今日、北九州が勝ち
金沢が引き分けてそれぞれ
勝ち点を獲得する中、
大きな、大きな勝ち点3
獲得です。

試合後、落ち込む隼斗選手に
良輔選手が懸命にフォローしている
シーンを見て、試合中
「負けが込んでいるけど、
チームの雰囲気は悪くない。」
というリポート通りチームが
勝利に向かって、今日の試合同様
団結しているように感じました。

次節、札幌との一戦は
札幌がどうこう言う前に
隼斗選手を、徹也選手を
欠く事になりました。

それでも、試合後、ゴールを決めた
徹也選手に話しかけるのではなく
退場した隼斗選手を慰める良輔選手を
見てチームのチカラで戦う讃岐が
少し誇らしく思う父です。
前半戦、讃岐は隼斗選手、徹也選手
抜きでは語れない
働きを見せてくれました。
この団結した中、隼斗選手にも
徹也選手にも少し休んでもらいましょう。

東京までかけつけた皆様。
お疲れ様でした。
皆様のチャントしっかり聞こえて
いました。選手達の後ろに
皆さんがいて、選手達だけでなく
サポーターまでチームの一員と
なって戦っているのが伝わってくる
試合でしたよ!

お土産の勝ち点3
香川で心待ちにして
います。気をつけて
帰って下さい。

いや、そのまま、
札幌経由の強者も
いたりして・・・。
札幌経由でお帰りになる
強者サポ様、ノルマは今日の
勝ち点3で達成では
ないですからね!(笑)

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

2016シーズン勝利への最終加速、いざ町田戦

小田急線鶴川駅からバスに
ゆられること約15分。
2013年の秋、台風通過の直後
の一戦。高橋泰選手の
フリーキックで先制するも
当時町田に期限付き
移籍していた杉本選手に
2点を与えてしまい惜敗した。

あれから3年の月日が流れ
今また町田の地で私達の街の
戦士達は大事な一戦を迎える
ことになる。

通算成績5戦5敗。

強い相手である。
がしかし
勝てない相手かと聞かれると
断じてそんな事はない!

私達は挑戦者である。
そして、挑戦を続ける限り
この敗戦記録は”どこか”で
必ず止まる。

明日、町田に集う
讃岐サポーターは
その”どこか”を
目撃する事になる。

東京まで行かれる皆様
選手達の後ろにみなさんが
いるように、皆様の後ろに
多くの讃岐サポーターがいる事を
絶対に忘れないで下さい。

選手達が私達の思いを
背負って戦うように
明日、東京まで行く事が
出来ない香川県民の分も
皆様も背負って下さい。

どこにいても
気持ちはひとつ!

勝ち点3のお土産を
楽しみにしています。

あなたの目の前で讃岐の
2016シーズン勝利への
最終加速が始まる。

いざ、町田戦!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

満身創痍の残り5戦。この先にあるものは

昨年のアウェー
セレッソ戦の前に書きました。
残り5節を迎えたところで
ここからが本当の戦いであり、
胸突き八丁だと。

私達だけが苦しいのではない
私達が見ている急激な登り坂は
もしかしたら、相手から見れば
私達以上のとてつもない
断崖絶壁に見えているかも
しれないと。

今年、我々を襲った敵、
選手達の怪我という
恐ろしい敵を前に私達は
断崖の縁に追いやられた。

しかし、まだ落ちた訳ではない。

この視線の先には、
必ず登りきらなければならない
険しい上り坂をハッキリと
とらえている。

そう、
私達は、まだ戦える。

怪我人続出、満身創痍の中
ライバルチームに
ひとつ抜かれ
ふたつ抜かれしたが、

俺達は
“まだ戦える”

もう一度書く。
私達だけが苦しいのではない!

どんなことがあっても
タイムアップの瞬間まで
絶対にあきらめない!

懸命に走り続ける私達の
目の前に広がる急激な
上り坂、胸突き八丁のその先に
ボンヤリと、しかし確実に
頂上という名のゴールは
存在する。

残り5戦。悔いの無いよう
全力で走り抜けましょう。
俺達の街の戦士達とともに。

この急激な上り坂、
胸突き八丁の先に
かすかに見えるゴールこそ
私達を待っている
歓喜の瞬間である。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

ホームを楽しんだ その2

木曜なのにまだまだ
先週の日曜の話を
聞いて欲しい父です。

ご飯の後は、さんざん自衛隊ブースで
遊び散らかし。
DSC09109.jpg
浦島太郎ブース
DSC09111.jpg
もとい
三豊市ブースへ。
DSC09112.jpg
みかん美味しかったです。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

ホームゲームを楽しんだ

さてさて、カマタマーレ
ホームゲームの楽しみと言えば
なんと言っても食べ物でしょう。

今回はたも屋さんの
カレーうどんに目が行った父。
でも
肉うどんも食べたい。
だけど
二杯食べると他の物が
入らない。

どうする?

自問した結果、たも屋さんに
「カレーうどんに、肉をトッピング
出来ませんか?」と聞いてみる。
DSC09113.jpg
みなさま、たも屋さんの
カレーうどん、肉トッピングは
650円でした。

さらに西内花月堂さんで
揚げ餃子とカツサンドを注文。
DSC09116.jpg
いやぁ日曜も食べました。

お腹は起きた。
あと足りないものは讃岐の勝利!

いや、その前に自衛隊車両
にも乗るのだ!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村


ピッチの中から見た光景

基本、カマタマーレの
試合の日は朝早い。



先週の日曜は、これまで
ホームゲームでは
体験したことがないくらい
早くに家を出ました。

目的はこれ。
DSC09091.jpg
朝日新聞主催の
サッカー教室が当たり
参加してきました。
新聞社らしく、マスコットは
皇帝ペンギンならぬ
構成ペンギンらしいです。

芝生の写真を取りたくて
何枚か取っているウチに
こんな写真まで・・・。
DSC09105.jpg

DSC09108.jpg
大剛選手が終了間際の
コーナーキックを蹴ることに
なったのはこの写真から
約4時間後の話。そう思うと
不思議な気持ちになります。
DSC09096.jpg
ピッチ内から見た
神内ファームのボード。
かなりの大きさ。
いつもスタンドから見て
いるとピッチのすぐそばに
置いてあるように見える
看板も、中からみると
結構離れたところに
置いてある事が解りました。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

次は一緒に熱狂しましょう。

太郎と次郎の友達ご家族が
昨日の熊本戦を初観戦。

試合終了後、気になった
父と母。
引き分けだったけど
決して悪い試合内容では
なかった。(と思う。)

いや、我が家が初めて見たのは
カマタマの敗戦試合。それでも
もの凄く興奮した。

それに比べれば昨日は興奮の
波が数分おきにやって来る展開。

それでも、やっぱり人の評価は
気になる。だって観る人の数だけ
思いはあるものだし。

で聞いてみた。

お母さんの第一声
「滅茶苦茶イイ!
こんなに凄いとは思わなかった。」

サッカーで興奮する人の気持ちが
とても解るとまでおっしゃっていた。

それにお父さんが輪をかける。
「僕たちも興奮して思わず声が
出そうになるんですよ。
サッカーなんか詳しくないのに。」

昨日はA席で観ていたので
我が家は一緒に観る事は
出来なかったけど、
「次は一緒に観ましょう」
と誘うと”是非”という
返事とともに
「次はいつ?」
「相手はどこですか?」
と逆質問が。

「とにかく、興奮して
いけーー!とか
いいたいのに知らないから、
言っていいのかどうか・・・。」
とお母さん。

「次は一緒に感情のまま
叫びましょう」とお誘いした。

「自分も興奮して言った事を
覚えていない時、ありますよ。」
と言った父。

すると母がすかさず言う。
「讃岐の選手がファールで倒された時
相手選手に向かって『目に余るぞ!』
とか言よるよな?」

エーー!?
それ、俺ちゃうし!

そんな話は置いといて
そのご家族、
とても熱狂できたようで、
「こんなに激しく走るんやな」
とか
「パスなんか、もの凄く早くて
上手いのにビックリした。」
とまで言っていた。

また太郎と次郎のお友達も
とても興奮したようで、
「帰ってからサッカーしたい」
と言いながら帰路について
いた。

次回ホームゲームは清水戦。
ゴールの瞬間のハイタッチや
勝利のあとのシュラシュシュシュ
を、オリジナル10相手の一戦に
一緒に味わいたくて、お誘い
している父でした。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

2524人が目撃、この勝ち点を分岐点に出来るのか

DSC09117.jpg
チャンスらしいチャンスが
無かった前半。
しかし序盤から見応えはありました。

どこに網を張って
ボールを奪いに行くのか?
スイッチが
どのタイミングで入るのか?
観ていてワクワクしながら
気づけばいつもの絶叫モード。

特に後半馬場選手からの
シュート気味のクロスは
反対サイドにいた
徹也選手の僅かに
先をすり抜けて行く際どさ。

もう、何回も叫びました。
ただ、ゴール前に上がった
ボールはほとんどが
競り勝てない。

また讃岐の攻撃については、
ペナルティーエリア付近までは
上手く運ぶのにそこからが、
ほとんど個人技で
何とかしようとしているみたいで、
もうひと工夫欲しいなぁ。
とか何とか言いながら
絶叫していました。

前回の対戦では、
綺麗なロングシュートを
熊本に決められての
完敗でした。

それでも今日は
勝てるのではないかと
期待できる内容でした。

いや個人的に
今日は勝たなければいけない
試合だと位置付けて
いたのですが、
相手の上手さに
まんまと引き分けに
持っていかれた印象です。

引き分けなので
決して満足ではありません

前回完敗だった
熊本相手に最低限の
勝ち点1を獲得です。
DSC09130.jpg
思い返せば、
昨年も37節は熊本が
相手だったように記憶してます。
熊本に敗れこの先どうなるの?
と不安でしたが、
そこからの結果は
皆様ご存知の通り。

今年も37節の熊本戦の
引き分けがって試合に、
今日の勝ち点こそが
分岐点だったって試合にしたい!

全員でよく走り
よくもぎ取った勝ち点1。

これを生かすも
殺すも残り5戦の戦いに
かかっている!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

古巣熊本相手に見せつけろ、カマ7第1位その実力

開幕を勝利したのは
彼の美しすぎる
ダイレクトボレーだった。
こんなシーンを創り出すのが、
私達の応援するチームなの!?
そう驚いた。

夏、丸亀での山形戦。
これまで一度も勝った事が
無かった相手。ラストプレーで
それは起こった。最後は立ち上がる
チカラも残らないほどに
寝そべったままでガッツポーズを
見せた隼斗選手に今年、秘めた
可能性を感じた。

ベアスタで行われた熊本戦
熊本相手に初めて讃岐の選手として
ピッチに立った背番号19が
あの敗戦に満足するはずがない。

二度目の対戦はホーム丸亀。
ピカスタで彼のショーを見よう。
彼にボールが渡る度に
「いけーーー隼斗――」
と叫ぼう

日曜日、ホーム丸亀は
ショーの始まりである。

古巣相手に見せつけるがいい
カマ7 第1位のその実力。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
09 | 2016/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR