あーー満足

ヴォル太君とティスちゃんに
ブログに写真載せてもいい?
って聞くとOKってことで
投稿してみました。
DSC09787.jpg
また、美人なすだちの
お姉さん達にも同様に
「ブログに載せていい?」
と聞くとOKってことで
投稿してみます。
DSC09773.jpg
そしてなんと言っても
茶々家のすだちビールと
DSC09757.jpg
ふく利のラーメンです。
DSC09759.jpg
やっぱり美味しかったです。
DSC09769.jpg
あーーー満足だぁ

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ヴォルティス広場で徳島サポ様と

どうも母がいると和むのか
とても相手チームのサポ様と
会話が弾みます。

土曜日もヴォルティス広場で
ふく利のラーメンを食べつつ、
年配の徳島サポご夫婦と
相席させていただいたのが
きっかけで色々とお喋り
させていただきました。

このご夫婦、毎回親子2代揃って
スタジアムに来るそうで、息子様
ご夫婦は熱狂的だそう。お父さん
お母さんはライトサポって感じで
ちょっと親近感が湧いていました。

さて、息子様夫婦にも子どもさんが
いるらしく、このご夫婦からみれば
お孫さんになる訳ですが、当然
徳島サポ!って訳ではなく、
どうやら今住んでいる街、
(確か柏って仰っていたように
思います)のチームを一生懸命
応援しているのだそう。

!?
息子さんご夫婦は熱狂的徳島サポ
ですよね?
で、その子どもさん(お孫さん)は
柏のサポってこと?

思わす聞いてしまった。
「息子さん、お孫さんに向って
『徳島サポじゃないやつがウチの
門くぐるな!』みたいなこと言わない
んですか?」

するとお父さんが「いや、子どもには
勝てません。徳島がJ1にいた頃
孫がそのチームの応援に徳島まで
里帰りした際、息子は徳島の
ユニフォームの下に黄色い
ユニフォーム着てどっちの応援にも
行けるようしてましたわ。」

この時父は思った。
太郎か次郎が別のサポーターに
なってサックスブルーの
ユニフォーム以外のやつ着て
帰って来た日にゃあ、ウチの
門一歩たりともくぐらさん!

あっ!?
ウチくぐる程の門がないわ。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

さすが大沢選手

土曜日の試合、さすが、大沢選手
って見せ場が沢山あったように
思います。確かに決定機を逃した
シーンも、前半あわや失点かと
思われたバックパスをカットされ
たのも大沢選手でした。

それでもそれを差引いて余りある
大活躍。ちょっと大げさかもしれ
ませんが、次もお金払って
大沢選手のプレーを見たい!って
思わせるほど面白かったです。

パスを受けて、味方選手の
体制が整うまでしっかりボールを
キープし、一番体勢の良い選手へ
パスが出せる大沢選手の活躍に
讃岐もこんな戦いできるんやんと
感心を通り越して面白かったです。

次は福岡!現地まで行くことは
出来ませんが、讃岐の試合で
楽しみがまた一つ増えた父でなのす。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

馬場選手のブログにこっちもウルっと

今朝、馬場選手のブログを
読んでいて昨日、最初に書いた
キツい文章とか、どーでもよく
なりました。
馬場選手のブログには
私達の応援のことを
”あまりの迫力に
アップ前からうるっと
してしまいました”
と書かれていました。

昨日のポカスタは
徳島ゴール裏から
讃岐ゴール裏に向かって、
そっこそこの
風が吹く向かい風。
応援だけなら徳島の方が
有利な位置からの声援に
なるのなぁとか感じていました。

そんな中、
みんなで一生懸命に
叫んだ、あの声援が
馬場選手の耳だけでなく、
心にまで届いていたんだぁ
と思った瞬間、この記事の
内容とかどーでもよくなり、
対照的に昨日
”鳴門まで行って
本当に良かった”
と改めて感じました。

讃岐の応援は
人数は決して多くないかも
しれませんが、熱量だけは
他のチームにも負けて
いないのかなぁと感じた
馬場選手のブログ記事。

ブログには
もう少しだけ勝利まで
待っていて下さいと
書かれていました。

待つよ!待ちますよ!
ここまで来たら!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

健闘と結果は別物で

DSC09788.jpg
やっぱり徳島は
上手かったです。
DSC09795.jpg
ボールの行くところ
行くところに徳島の選手が
いるように感じました。

ボールを奪ってから
散らばる讃岐の選手達に対して
ボールを奪った時には既に
攻撃に転じるべく体制が
整っている徳島。

それでも今シーズン、
初スタメンの大沢選手の
シュートのように決定機も
作る讃岐。そんな中、西選手の
ゴールは生まれました。

前半は風下の中、得点後は、
のらりくらりと、かわしていると
思っていました。

しかし失点は後半開始5分、
やっぱり讃岐には試合の開始と
後半の入りが鬼門です。
決定機を作り出していただけに、
もう一本決める力が欲しいなぁと
愚痴のように良いながら家路に
付きました。

毎回善戦しているのに勝てない!
特に今日は、
もっとワンサイドゲームに
なるのかも…。と思う程、徳島が
上手かっただけに大健闘なのかも
知れません。ただこんな言葉も
書き飽きました。前々から書いて
いるように内容なんかどうでも
いいです。今はとにかく結果が欲しい。

試合後、選手達を拍手で迎えて
いました。
「まぁ、相手が上手いし大健闘かも」
みたいな会話を父自身がしていると
徳島サポーターから徳島選手達に、
結構なブーイングをしているのが
反対サイドにまで聞こえてきました。

そのブーイングを聞きながら
父の周りの人がボソッと
「うちは引き分けで拍手して、
向こうは引き分けでブーイングかー。
これが讃岐の今の実力なんかなぁ。」
って声が聞こえてきました。

ヨソはヨソ!って考えもありますが、
それよりも父的には
徳島から見たら、
勝って当然の相手、それこそが
今の讃岐だと思われている。
自分の応援するチームが、
その程度の評価であることが悔しい!

上手い徳島に、食らいつき
勝ち取った勝ち点1だと
思います。良く健闘したとも
思いますが、

毎回書いている事を
敢えて書きます。

引き分けなので決して
満足なんかではありません!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
最初に書いた文章は本当はもっとキツい
内容でした。明日、冷静な気持ちで
読んでみて投稿できるようなら今日、
書いたキツいやつ投稿してみようか
と思います。少なくても最後に書いて
いるように満足なんか決して出来ない
というのが本音の父です。

あいつが帰ってくる

我が家がカマタマーレに
ハマりだした2011、12年頃、
得点の多くは右サイドバックの
吉澤選手から!というのが
定番みたいなシーンをよく
目にしていた記憶があります。

そんな凄い選手をみながら
感じていました。吉澤選手が
もう一人おったらめっちゃ凄い
チームになったりして・・・。

そんな希望が叶うシーズンが
2013年彼の加入でやって来た
のです。

バックラインでドリブル突破や
鋭く得点に繋がるようなパスを
だすのが、吉澤選手なら、
前線でボールをキープし決定的な
仕事をやってのけるのが大沢選手。

彼のことをスゲーと感じたのは
2013年アウェーMIOびわこ戦。
3得点すべてに絡む活躍で、
得点のあるところに大沢あり!
って思ったのを覚えています。

それから月日は流れ2015年。
シーズン終盤ラスト5戦の戦いは
大沢選手なくしては語れないほど
大車輪の活躍でした。

金鳥スタジアムでのセレッソ戦、
それまでのチームの不調を消し去る
勝ち点を、翌週アウェー岡山戦でも
残留をほぼ確実なものにする
勝ち点3をもたらせてくれました。

あの時も書きました。
SAGAWA滋賀時代の敵に
回すと嫌な存在だと。

今年もピンチのシーズンになり
ました。
2015年、私達を救ってくれた
大沢選手が帰ってくるのなら、
讃岐の今シーズンも明るくなると
信じています。

どうか明日、私達に鳴門の地で
「あいつが戻って来たんだ!」
って言わせてくれ!そして
あなたの活躍から今シーズンの
流れを作りだす!

明日、ついに大沢朋也が
私達の前に戻って来る!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

試合後だったら

日曜日キックボクササイズ
なるものを体験しました。

日常であんな感じで人を
蹴ったり絶対に出来ませんが、
蹴ってもいい!といってくれて
いるのです。

ここは是非蹴っておきたい!
ってノリで参加しました。

インストラクターの先生
大変ありがとうございました。

せっかく教えていただいて
こんなこというのもなんですが、
あれ、試合後なら、
もっとゴツいん蹴れたと思う父です。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

揉めているとまでは言わないが

月曜は暗ーーーーい、まま
ブログを書いておりました。
心は真っ黒・・・。
昨日ようやく灰色になり、
今日薄ーーーい灰色に
なってきた父です。
明日くらいにはリセット出来る
かなぁとか思いつつ、ここから
本文なのです。

揉めているとまでは言わないが
揉めておりました。
岐阜戦で食べた生フランクの
おいしさに太郎と次郎が
やられてしまったのです。

それから、毎回生フランクを
探すも出店しておらず・・・。

終いにゃーー、「次はいつ
食べられるんよーー?」って
逆ギレ気味の太郎と次郎。

千葉戦もヴェルディ戦も
楽しみにしていたものの、
食べられることもなく・・・。

ところが先週、横手やきそばで
見つけてしまったのです。
DSC09706.jpg
聞けばこの横手やきそばさん
生フランクのお店とグループ会社
だそうじゃないですか!?

思わずお店の大将に言ってしまい
ました。
「おたくの生フランクのせいで
ウチ、揉めよんやけど(笑)」

ちなみに生フランクのお店
次回ホームゲーム6月11日の
金沢戦でも出店予定だそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

これがルーティーン

ガックリとボー然の中、スタジアムを
後にしようとしていると、原選手、
いつものルーティ-ンが始まりました。

確かこれを以前見たのは湘南戦。
勝っても負けても同じように、
何も無かったかのように淡々と
ゆっくりとしたランニングを見ながら
夢から醒めた父です。
DSC09754.jpg
何の夢かって?
夢のような日曜から
現実の世界(月曜)が近づいて
くる夢です。

ブラックマンデーもあと2時間で
終わるのだ!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
今日もまだ傷が癒えぬまま
ブログを書いてしまいました。
本当なら試合の日や休みの日に
何日か分を書き溜めしておくのですが
昨日は、そんな力もなく・・・。
明日くらいから楽しかったことを
書き始めようかと考えていたりします。
でも、サボるかも・・・。

ウルトラライトとは言えサポーターなのだから

思った事、感じた事を
正直に書きます。

結論は出ていると
思うのです。
このやり方では
勝てません。
そりゃあ、湘南戦のように
勝つことはあるのかも
知れませんし、
夏の補強が成功し
運よく残留だって
できるのかも知れません。

が、

目標としているのは
残留でしたか?

何が間違っていて
この順位なのでしょうか?
この分析、反省無くして
進歩などあり得ないと
思うのです。

今日、試合後挨拶に
やって来た選手達に
拍手しました。
選手達はやれることを
やっていると思ったから
です。どうやって攻撃し
どうやって守り、
どうやって勝つのかを
少なく、限られた条件の
中で、やれることをやって
いたと思うのです。
あとはベンチなのかなぁ
と思ったから、挨拶に来た
選手達には拍手しました。
また、これが選手達の限界では
ないとも思うのです。

その限界までの力を導き
だすのがベンチなのかなぁ
と考えているから
”選手達には”拍手しました。

いや、もっと突っ込んで
書いてしまいます。
私は監督だけの責任でも
ないと考えています。

どういう商品(サッカー)を、
どういう方法で売るのか?を
今まで考えてなかったツケが
回って来てしまっているのだ
と思うのです。

記憶が確かならJ2に上がるのが
JFL時代の最大の目標でした。
その目標をクリアし、
かつ今の地位を3年間、
確保しました。

この間、
どういう商品(サッカー)を
作りたい(やりたい)のか?
どういう売り方をしたいのか?を
会社ぐるみで考えたのか?
1年計画は?
3年計画は?
中、長期計画は
どうだっのでしょうか?

この結果が前回の約2300人、
今節の約2500人の動員、
そして
今日の敗戦に伴う試合後の
スタンドの騒然具合です。

昨年専用練習場の
署名活動の際に感じました。
社長は何故、
バックスタンド入場口で
署名活動をしないのか?と。

また、試合前に選手と一緒に
挨拶に来るくらいなら試合後、
出口でも挨拶した方が
良いのでは?
今日のような試合後こそ
お客さんの、
サポーターの本音が聞こえる
チャンスだと思うし、
ビジネスのヒントや言葉を
社長自信が直接
耳にすることによって、
変えられる事だってあると
思うんだけどなぁ。

いずれにしても、今日の
結果で最下位に転落しました。
まだ終わった訳でもなければ
折り返しにすら到達していません。
これからでも、残留を目指した
サッカーに取り組むのか、
それとも、負け続けようとも
一旦全部壊して最初から客受け
する商品(サッカー)を作る
のか?決断する時に来ていると
思います。

最初にも書きましたが、このまま
では勝てないし、集客も苦戦する
という結論は出ていると思うのです。

なにを変えるのか?
変化をする際、常に痛みは伴います。

この痛みに会社は耐えられるのか?
いや、
私のようなライトサポが
耐えられるのか?

ワクワクの後に待っていたのは
強烈な虚脱感そのものでした。
でも、応援はします。
讃岐の勝利のため
ウルトラライトとは言え
サポーターなのだから。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
今日、ブログを投稿しようか
どうしようか迷いました。
なぜなら、
最初に頭に浮かんだ
文章は直線すぎて、
とても記事には出来ない
キツい内容の文章に
何度か迷って
なるべくソフトな内容になる文章を
書いて、消しての繰り返しで
上記の内容になりました。

ぶっちゃけ腹も立ちましたし、
今、この段階では
次の東四国クラシコに
行くのが怖いです。

何が怖いって
今日のように負けて悔しいと
感じる気持ちから、強敵相手に
負けても悔しくないと
感じるようになることに
恐怖を感じています。

でも、上にも書いた通り
私を含め太郎も次郎も母も、
我が家は
ウルトラライトとは言え
サポーターなのです。
にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR