ご報告

愛媛戦前、ドリームマッチなる
ものを観戦したのである。

太郎と次郎が小さかった頃、
言葉のボキャブラリーが少なく
太郎のプレーするテレビゲーム、
ウイニングイレブンに次郎が
付けたネーミングが
“サッカーゲーム”

これに対して当時父がハマって
いた「サカつく」を観てつけた
ネーミングは何故だか
“おっさん達のサッカー”

そんな“おっさん達のサッカー”の
実況は八塚浩、そして解説は
伝説のフリーキッカー木村和司と
レフティーモンスター小倉隆史。

ゲームの中で危険なプレーに
毎回小倉さんから飛び出す
「頭冷やした方がいいじゃないで
すかねぇ。」に太郎と次郎が
何故だか大喜び。
そして我が家だけの
流行語大賞を受賞。

グッドモーニングで
おなじみの福田さんを
見ただけでも興奮していた我が家。

あの解説の小倉さんを生で観た瞬間
「『頭冷やした方がいいじゃないで
すかねぇ。』の人や!」とか言って
楽しんでおりました。

さてドリームマッチは香川選手が
ちびっこ選手を抱きかかえてみたり
マラドーナ選手が幻の左を駆使しつつ
率先してカードを貰いたがる展開。
そんな中、懸命に守備で貢献する
小村選手。若干大人げないぞ
みたいな雰囲気も漂う中、
小倉選手のバイスクルシュートを
見た。

「あんなん初めて見た。」
という父とは正反対に
「マラドーナや宇佐美は遊んどる
のに、あの守備の人(小村さん)と
小倉(さん)はマジやん。」と太郎。

その瞬間、とても小さな声で次郎が
「頭冷やした方がいいんじゃない
ですかねぇ。」
とツッコんでいたことを
ここに、ご報告申し上げます。

そんなこんなで楽しい
カマタマーレHPはこちらから


にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

私も胸を張っていいと思います

昨日の帰宅後
とあるサポーターの追憶様の
ブログを読みながら
試合には敗れはしたものの
確かにそうだ!と思う事が
あったので書いてみます。

昨日、愛媛戦キックオフ直前。
「お腹が空いた。」と次郎。

仕方なくスタグルまで付き合う父。
試合開始直前に閑散としている
スタグル広場。

そんな中、
唐揚げをチョイスした次郎。
早くスタジアムへ戻りたい父。
ゆっくりと食べたい次郎。
結局スタグル広場のテントで
雨を避けながら食べる事に・・・。

試合会場にいるにも関わらず
DAZNにて試合観戦。
次郎が食べ終わったのは
試合開始8分くらいしてから。

そこから歩いて
アウェーサポエリアまで
移動。スタジアム
の外を歩いていて
聞こえてくるのは
讃岐のチャントばかり。

スタグル広場は
ちょうどアウェーエリアの
反対サイド。なので最初は
真正面から讃岐サポの応援を
聞いているから愛媛の応援が
聞こえないのだとばかり
思っていた。

ところが

ホームスタンド(愛媛より)前を
通り過ぎる時も
ホームスタンド真ん中付近を
通り過ぎる時も
ホームスタンド(讃岐より)前を
通り過ぎる時も
聞こえてくるのは
常に讃岐のチャント。

ホームスタンドとアウェースタンド
の間くらいになってようやく聞こえて
くる讃岐のチャントではないチャント。

それだって、
讃岐のチャントが始まると
掻き消されてしまう程の
迫力ある讃岐のチャントが
スタジアムの外まで
聞こえていました。

雨の中、見るからに
愛媛サポーターより多い
讃岐サポーター。

びっしょ濡れになりながら
叫んだカマタマーレコールは
絶対に無駄ではない!
そう思った愛媛戦のスタジアムの
外での出来事。

俺はあの応援の中にいた!
そう胸を張っていいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
カマタマーレHPはこちらから

結果がすべてで内容は・・・。

イベントも楽しんだし
試合だって途中まではとても
本当にとても良かったと
思うのです。



結果は逆転負け・・・。

負けた時は毎回、
参考にしています。
サポーターからの拍手を。

そんな拍手を観ながら
感じていました。
結果こそ逆転負けでしたが、
内容的には悪くないと
感じていた父の感覚と
皆様の感覚が遠いものでは
なかったことを。

ただし負けは負け。
しかも
絶対にやってはいけない
負け方だとすら思います。

また監督コメントを
読みながら思うのです。
采配ミスも手伝ったのかなぁ。

愛媛、小島選手が入ってから
アタフタしているように
見えました。そんなアタフタを
落ち着かせることが出来ず
70分くらいまで、
あれだけ良かった攻撃はなりを
潜め、京都戦の失敗を引きずる
ように失点・・・。

まだ同点の時間帯、
勝ち越したい場面で
荻野選手と我那覇選手を
投入したにも関わらず、
アタフタ感もありつつ
上がらないロングボール。

何のために我那覇選手
入れたの?
放り込むためじゃないの?
そんなふうに
歯がゆい思いで
応援していました。

相手の選手交代に
対応出来きていない中で
勝ちに行くぞとの
メッセージが返って
選手達を混乱させて
しまったように見えました。

実際のところは解りませんが
監督のいうミスがチームとして
徹底されておらず結果逆転まで
許してしまいました。

まあでもサッカーに限らず人間、
プランが狂った時って
こんなものなのかもしれんよなぁ。
とかなんとか言いながら帰路に
着きました。

また、そう多くないチャンスを
確実に広げる事が出来で
枠に飛ばす愛媛と
そう多くないチャンスに
浮かしてしまう讃岐の差
が出てしまったようにも見え
ました。

どちらにしても途中までは
良かっただけに
もったいない敗戦。
しかし次からは
もったいない敗戦も
よく解らない敗戦もいりません。

ただただ勝利がほしい!
頑張れ!カマタマーレ!!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
カマタマーレHPはこちらから

熱く激しく行きましょう。

水曜から書いてきました愛媛戦。
毎回書いているのですが、
讃岐の選手達がアウェーの
地でどんな状況の中、戦って
いるのかを、是非あなた自信の
目で観て、耳で聞いて、肌で感じて
下さい。

相手サポーターから発せられる
大合唱。圧倒されそうな
雰囲気の中、懸命に戦う
私達の街の戦士達を観た瞬間、
あなた自身、感じる事があって
何かが変わる事だってあるでしょう。

もしも相手の応援の凄まじさに
恐怖を覚えたとしても、
絶対に忘れないで下さい。

あなたは独りじゃ無い。

あなたの周りには沢山の同志がいて
あなたと同じように声を枯らしながら
選手と共に戦っています。

過去3年、私達は愛媛の地で
多くの悔し涙を流して来ました。

日曜日、3年分のうれし涙を
流しながら掴み取りましょう。
勝ち点3を!

熱い気持ちと、激しい情熱と
3年分の悔しさを全部つぎ込む
一戦にしましょう。

いよいよ明日、アウェー愛媛戦。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
カマタマーレHPはこちらから

泣いても笑っても、あと6試合

先週土曜日、金沢対愛媛戦、
沼田選手の活躍を観ながら
母がいう。

「(愛媛の)林堂選手って
鳥取との入替え戦で
おった選手よな?」

それだけではありません。
近藤選手だって、川原選手だって
最近出てない小島選手だって
顔も見たくないってほど
苦手意識があります。

それでも決して怖い訳ではない!

いや、むしろ今の讃岐が
これだけの選手を敵に回し
どれだけ戦えるのかが
楽しみである!

アウェーの地で
愛媛サポーターを相手に
私達の声が
私達の街のJリーガーに
どれほど届くのかが
楽しみである!

全力で楽しみましょう。
90分間の死闘を!

まだ愛媛に行くかどうか
迷われている皆様へ、
あなたの声で勝敗が決する
かもしれません。
共に見届けましょう。

2017シーズンのカマタマーレ
泣いても笑っても観られるのは
あと6試合です。
DSC08358.jpg
カマタマーレHPはこちらから

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR