降格圏脱出、やったぜお屋形様!!!!!

嬉しい!!!!
チョーーー嬉しい!!!!

前半はリスクを冒さずの
試合展開になるもんだと
思っていました。

そんな中、右サイドから入った
ボールを諦めない徹也選手の
好プレーから得点が生まれました。

得点者はさっきまで右サイドを
ドリブルで駆け上がっていた
武田選手。

静かなること林のごとく
侵略すること火のごとし
リプレーで見ても
「いつの間に!!!???」
と思うほどヒタヒタとゴール前
までやって来たかと思うと
はね返って来たボールを頭で
押し込んだ。

立ち上がり、あっという間の出来事。
13分武田選手のゴールで讃岐が先制。

今シーズン得点直後の失点が多かった
カマタマーレ。しかし、今日はしっかりと
守っているように感じました。
CKを何本獲られようとも、
ヘディングで競り負けようとも
最後のゴールは割らせない讃岐の守備。

今までのカマタマーレと違い
なんか、のらりくらりとかわす印象。
試合終了後解説者も
”群馬の勢いをいなした讃岐”
みたいな表現がありました。
実際、テレビで見ていた時には
完全に支配されているように
見えたが、ボール支配率は
51%の群馬に対して49%の讃岐。
ボール支配率だけみると
ほぼ互角だったことが解ります。

さて後半の同点劇のシーン。
テレビに向って猛抗議の太郎と次郎。

リプレーを見ながら
「カンスイルもそうやけど、
26番(高井選手)が
オフサイドポジションに
おるやんかぁぁ!?」
と、やかましい(笑)

さらに北野監督の抗議姿を見ながら
さらにヒートアップする太郎と次郎。

そしてスタジアム化する我が家。
(ご近所の皆様すみません)

馬場選手渾身の
勝ち越しゴールの瞬間は
”やったーーーーーー!”
と飛び回り、騒ぎ回り、喜びまくり。

「(馬場選手の)ゴールが美しすぎる。」
とか
「綱田(選手)のスルーパスがメッチャ
きれい過ぎる。」とか・・・。

そしてアディショナルタイム5分の
表示には
「監督が抗議した時間込みの5分や!
あれは絶対に必要な5分だったけん、
何が何でも守りきらないかーーーん!」
と騒がしかったのなんの。

そして勝利の瞬間。家族でテレビを
見ながら一緒になって飛び回りました。

気分はもう
正田醤油スタジアムにいる我が家でした。

今シーズン4勝目は連勝での勝利は、
ブービーを脱出する貴重な勝ち点3でした。

しかし、こんなんで納得なんか出来ません。
だって
今年の目標はまだまだ遙か遠くなのだから!

でも、今日だけは喜ばせて下さい。
やっぱり勝利はいい!
最高にいい!

最後に父イチオシの武田選手が
活躍しているのがとても、本当に
とても嬉しい父です。

今年は市村選手が入って
昨年以上に厳しい右サイド争いが
激化しました。それでも、ここ
数試合の活躍みていたら十分食い込む
だけの活躍をみせていると思います。

いや、もう右サイドは武田選手で
決まりでしょ!ってくらいの活躍を
見せている武田選手。だけど、
まだまだ、ここから。もうひと伸び、
いやまだ2つくらい進化できると
確信しています。

お屋形様、まだまだいくさはここから!
次も風林火山の活躍を魅せてくれ!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

勝利のその瞬間、我が家は

さて、土曜日の水戸戦
DAZN観戦していると
衝撃的な情報がLINEを
通じてもたらされることとなった。

20時40分位だったでしょうか?
現地にて観戦されていた
サポ様から
“讃岐2点先制”情報が!

父の見ていたDAZNは60分を
少し過ぎた所。

父の持っていた携帯(DAZN)
を母が見ながら
「こんなLINEが入って来た。」
と自分の持っている
携帯の2点先制情報LINEを見せる。

マジでーーーー!?

そこらじゅうに響き渡る
マジでーーーー!?の声

程なく馬場選手、高木選手の
ゴールシーンに行き着く
DAZN配信。

もう、それからは嫌な情報が
入って来ませんように!
と祈る父と母。

21時。習い事の終わった太郎と
次郎が忙しそうに
「カマタマどうなっとる?」と
父の見ていた携帯をかっさらう。

DAZN上では2-0で讃岐リード
のままアディショナルタイムに
突入した直後あたりだった。

アディショナルタイム5分であることに
「どこでそんな時間使ったん?」
と次郎。
「もう9時過ぎとるで。勝った
情報は来てないん?」と太郎。

DAZNでの試合は続いていたが、
現地からLINEが入って
来ない事に
「多分勝ってみんなで飛び跳ね
よってLINEどころでないん
じゃわ。」と父。

21時5分。DAZNで岡主審、
タイムアップの笛を聞いた我が家。

車の中で大盛り上がり。
やっぱり勝つっていい!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

忘れられない言葉

さて、一昨日の試合後この先、
讃岐を応援し続ける上で
忘れられない言葉になるであろう
談話が飛び出しました。

その言葉を発したのは
讃岐の漢、馬場賢治選手。

“今日は自分の人生を賭けて
戦うと決めていた。“

ぶっちゃけ、父はあの言葉に
涙が出ました。昨年水戸の地から
相当の決意と覚悟を持って
やってきたのは、誰の目にも
明らかな移籍でした。

いや、馬場選手だけではありません。
讃岐にやって来てくれた選手達は
みんな、それぞれ相当な思いを
持ってやって来てくれています。

そんな素晴らしいタレント(才能)を
擁して私達の街はサッカーという文化を
作り上げて行くのです。彼らと彼らを
応援する私達の汗と涙を吸い上げて
この文化は大きく強固なものになる
のでしょう。

最後に馬場選手はこんな事も言って
いました。
「今日の一勝で何かが変わる
訳ではない。」

戦いはまだ、続きます。
成績は相当厳しいのが現状。
それでも、忘れられない
馬場選手の言葉を聞いた今、
あの談話も吸い上げて私達は
さらに強くなるのかもしれません。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

勝った、勝った、勝ったぞーーー!

序盤からいい流れだと
思っていたのです。
特に前半CBに
急遽入った岡村選手が
ハイプレスに来る
水戸の選手を軽く
いなしているシーンが
昨日の試合を物語って
いるかのようでした。

しかし、
ここ最近の戦い方を
見ていたら前半を
凌ぎきられると後半相手に
対策を練られて
やられている印象があり、
前半を0-0で終えた時には
かなり、本当に
かなり心配していました。

がそんな心配どこへやら。
金沢戦以来の完封勝利です!

そんな無失点の立役者は
アラン選手だったと思います。

鋭い出足と前田選手を
上回るスピードで
徹底的に相手FWを
封じ込めている印象でした。
また
後から考えるに
素人目線ではありますが、
エブソン選手の怪我で
岡村選手を1列下げ
高木選手を投入したことで
結果的に相手がかく乱されて
いるようにも感じました。

水戸、西ヶ谷監督が
「あー、
そっち変えちゃうのーー?」
と言ったかどうかは
定かではありません
が、
とにかく高木選手投入により
讃岐の中盤を水戸の選手達が
嫌がっているように感じました。

2-0

2点ともきれいなゴールでの
快勝でした。本当に久々過ぎて
とても嬉しい父なのです。
が、個人的に欲を言えば
この試合、生で観たかった・・・。

思い返せば昨年、第26節
隼斗選手の劇的ゴールで
幕切れの山形戦も現地では
観えませんでした。
そして今年、26節、久々の勝利も
皆さまと共に勝利のダンスで
飛び跳ねることは叶いませんでした。

でも、そんなこと
どーーーでもいいです!

今は、ただただ勝ちが嬉しい!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
勝ったら投稿して美味しいとこ取りを
目論む父。嬉しげに久しぶりの
数日続けて投稿をしてみたい!

てな訳で明日も明後日も明々後日も
お付き合い下さい。
だって数日分書いてしまったですもん!

前々々節から、ずっと

いや、本当にいつ再開しようか
自分でも少々楽しみに
していたのです。

勝ったら再開しよう!

そう、勝利すれば再開し、
負けたらまた休憩。

この繰り返しで楽しいこと
ばかり追求していこう!

って思っていたのです。
前々々節の千葉戦、
「今日から再開や、休憩も
長くなかったなぁ(笑)」
って期待しながら途中まで
記事を書きました。

前々節の山口戦、武田選手の
ゴールに「今日のタイトルは
『やったぜ、お屋形様』で決まり
だぜ!」って期待しながら
観ていました。

前節の東京V戦。ご近所の
カマサポ様と共にビールを
飲みながらダ・ゾーン観戦しました。
勝ち越しゴールの際には、
遂に、遂に、遂に
今日からブログ再開やって
確信していました。

いや、本当に勝てば再開やー
って前々々節からずーーっと
思っていたんです。

・・・。

勝てへんやーーーん!

もう、山口戦の茶々家の
すだちビールも
千葉戦の途中記事も
全部お蔵入りやーーん。

それだけでなく、休んでいる
期間もそっこそこ、ネタ的な
ものだって書き留めていたん
ですよ。

それも、これも勝てば投稿しよう
などと勝手に思っていたんです!

・・・。

勝てへんやーーーーん!

って訳で我慢出来ず投稿するもの
である。(勝利に拘らず投稿すれば
ええだけやーんって声が聞こえて
きそうなのである。)

が、

次、書くときは勝った時なのだ!

そう、
その次こそ今週末の大分戦なのだ!
実はタイトルも決まっているのである。
「のぼせかけたが、長風呂も悪くない!」

こんなタイトルで勝てるのか?
若干不安もあるが、父がサッカーを
する訳でもなければ、タイトルで
勝敗が決する訳でもない!

しかしながら、次節はブログを
投稿出来る予感満載の父なのです。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ウルトラライトSの父

Author:ウルトラライトSの父
ド平凡人でありつつ
カマタマーレ讃岐を
応援するウルトラ
ライトサポーター
太郎、次郎の父

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR